映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)

  • 80人登録
  • 4.28評価
    • (11)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 小学館 (2011年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091837462

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • これはなかなか。映画を読んでるみたいで面白い。

  • そういえば学生のころ金城一紀の本よく読んでたなと思い出して買ったコミカライズ。
    映画化されたフライダディフライの主題歌がミスチルだったのにつられて、この人本読み出しましたが、くそったれな現実を打ちのめす展開がとても好きです。
    物語って暗いのとか悲しいのとかも全然ありだともちろん思うんですが、こういう希望のある終わり方のほうが清々しいので読んでて気持ちがいいです。安易なハッピーエンドじゃない、真っ向からむさ立ち向かっているのがいい。

    このコミカライズとても人物の動きも表情も素敵です。こういう線の描き方も好きなんだと思います。
    物語の力でくそったれな現実を打ちのめす!かっこいい!

  • 『SP』の原作者でもある金城一紀さんの小説をコミック化。

    「押しつけられた結末を、物語の力で変えてやるんだ」

    『太陽がいっぱい』や『燃えよドラゴン』など映画の名作がモチーフ。

    映画を観ることの素晴らしさを教えてくれる。

    読み応えがあります。

  • 『太陽がいっぱい』と『ドラゴン怒りの鉄拳・前編』が描かれた映画篇1は小説を読んでいると二倍楽しめる作品になっていました!自分が好きなのはどちらかというと『太陽がいっぱい』です。(ドラゴン怒りの鉄拳はまだ後編が残っていますし、、、笑)主人公の僕と親友の龍一(リョンイル)は無類の映画好きで在日朝鮮人で父親がいないという共通点を持っており、気の合う二人は小学生の頃から親友でした。しかし龍一は継父の虐待が原因でだんだんと逃げ場が無くなり、暴力を振るう毎日に。一方、僕は小説家になる夢を叶えるために龍一とは違う高校へ。二人の距離はおのずと遠くなっていき、最終的には全く会わない状態に。その後、龍一は高校を中退しヤクザの道へ。僕は一時的にサラリーマンになったものの、本来の小説家になる夢を果たせずにいました。そんなある日、龍一からの突然の電話で二人の運命は急速に変わっていき・・・、最後には小説にもなかった二人のその後が描かれています。とても意外な結末だったので正直驚きました。笑
    秋に出る映画篇2も期待大です!

  • 金城さんの小説作品「映画編」のコミカライズ版です。映画は人生を豊かにしてくれる。映画のタイトル別にエピソードが分かれています。様々な人間模様が描かれていて面白いです。作品に出てきた映画を観たくなりました^^

  • 好きな作家の漫画化は、わりかし嫌いなんだけど。
    SPとか、あんま満足できなかったし。

    でも、こっちはけっこういける。
    結構金城さんの世界観表現できてるんじゃないかなって。
    たぶん台詞をちゃんと引用して、多用してるから。

    それってすごく良いことだと思う。

    そして何より、金城さんが書いた番外編がついてる(ここ一番大事)


    あぁ、幸せ

  • 金城一紀の名作、映画篇のコミカライズ。ファンにはたまらない垂涎モノ。

    小説のコミカライズによくあるように適度にまとめた上下巻等の作品ではなく、じっくり細部まで描いてます。おそらく全四巻になるのかな?コミカライズでここまで贅沢なものはめったに無いでしょう。

    一巻に収録されているのは短編五つのうちの一つ目、太陽がいっぱい。在日朝鮮人の二人が語る夢と現実の過酷さ。映画だけが二人の支えであり、絆だった。

    そんな、ふたりの友情の話。

    個人的に映画篇の中でも一二を争うできのストーリーでこの作品に引き込まれることは間違いないです。

全8件中 1 - 8件を表示

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

映画篇 1 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする