ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)

  • 257人登録
  • 3.52評価
    • (15)
    • (26)
    • (29)
    • (13)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 山本英夫
  • 小学館 (2011年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091837905

ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名越の精神世界は最終的にとんでもない規模にまでなる。ハッキリ言ってマジキチです。最後の名越警官には笑っちゃったなぁ。作者が風呂敷広げ過ぎてまとめきれなかった感は否めないけど、なんとか完結させてくれてスッキリしました。

  • トレパネーションーー頭蓋骨に小さな穴を開けることにより、脳が活性化し、いわゆる「第六感」が芽生えるーーという手術により、人間の心の歪みが見えるようになった男の物語です。とにかく気持ち悪く、後味の悪い終わり方でした。人間の気が狂っていく様を描いたという意味では傑作かもしれませんが…。

  • 究極の自己愛が完結したんだと思った。他人は自分の写し鏡、程度の違いはあるにせよエゴイズムでない人間なんてこの世に存在しない。

  • 数年がかりで読み終わった。
    マンガワンのイッキ読み有り難し。
    絵で魅せる人だなあ。


    結局、名越は誰のことも興味がなくて自分のことだけが好きだったのね。
    だから自分が外見やステータスでしか判断されなかったように、
    成功者として稼いでたときは見た目の良い女ばかり横に置いていた。
    仕事でブイブイ言わせてたのにバランスが崩れて車暮らし始めて、
    伊藤に見出されてホムンクルスが見えるようになってからも、
    相手を内面の葛藤から救いつつも、
    無意識ではそれだけ相手に見返りを求めていた。

    だって、あの女はななこじゃなくてななみって別の女なんでしょ。
    それを無理矢理ななこって自分で思い込ませて、トレパネーションするまでは甘いこと言っといて
    使い捨てにしてるもんね。
    結局は自分しか好きじゃないから、誰からも見てもらえないし、必要とされなかった。
    最後は全員自分に見える世界で生きていたもんね。

    こういう性格の人って、
    伊藤がトレパネーション誘ってなくても破綻してたと思うよ。

  • う〜ん、ちょっと悩むラスト。15巻全体の流れは、他人は自分を写す鏡、ということかな。

  • うーん(--;)

  • イミフ…。

  • <嘘にまみれた男の末路>
    ホムンクルスついに最終巻です。ラストには納得しない方もいるみたいですが、名越が「本当の自分」という「嘘」を追い求める限り、あれ以外にはなかったと思います。最終巻では特に「見る」という行為を相対化しています。見えることは必ずしもいいこと(治療)ではありません。それがイタさんの自殺と名越の末路に描かれています。自分のホムンクルスは、自分の経験と人間関係の中で絶えず変わるものです。人間とは嘘とホントをない混ぜにした存在なのでしょう。

  •  一巻からは、「ナンジャ、コリャ」って、めぐるましく話が変わっていって、おもしろいのかおもしろくないのか、どうしてヘンなイキモノに見えてしまうのか、謎が深まるばかりだったのですが、最終巻は、「エッ?」――とりあえず、わけが分からない。
     「自分を知って! 自分を理解して! 分かって!」という『理解して』という我儘と、「こんなふうにはなりたくないッ!」というちゃちいプライドが行き過ぎ、周囲を巻き込み過ぎた感じです。

  • タイトルに惹かれて読んだ1巻は面白かったが、最終巻はワケわからず、キモい。

全37件中 1 - 10件を表示

山本英夫の作品

ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホムンクルス 15 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする