AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)

  • 60人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小山ゆう
  • 小学館 (2011年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091838292

AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 暗殺の方法。通行人を装って相手の近くに位置したときに、面識のある一人が笠をとって、挨拶。そうすると相手も笠をとる。その瞬間通行人に扮した仲間が斬りかかり、その相手をしてる時に挨拶した男が斬りかかる。これは実現しなかったのですが、なかなかリアル。いろいろな方法があるものです。
    聖覚院慈行暗殺が今回のあずみの指令ですが、寺に入り込んだくノ一が捕まってしまう。また、聖覚院慈行は替え玉であることが分る。幕末を舞台にすることで面白くなってる。

  • だいぶ前から発行されてる、幼少期からのあずみの物語は読んでないけど、そっちとは話繋がってないみたい。面白いです。あずみ可愛い。

  • 「おーい竜馬」からの登場人物が多数。以蔵さんは凄みがないねえ。肝心の主役のあずみも、いまのところ「旧あずみ」の魅力にはおよばないなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

AZUMI-あずみ- 8 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする