MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

  • 257人登録
  • 4.38評価
    • (30)
    • (24)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2012年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091841698

MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年5月29日

    <MASTER KEATON>
      
    アートディレクション/海野一雄
    デザイン/小林美樹代+ベイブリッジ・スタジオ

  • 渡り鳥の黄昏、臆病者の島、心の壁、塔の男がよかった。じわじわくる滋養にいい話多し

  • 毎回味のある内容です。。

  • 面白かった。

  • 相変わらず面白かったのですが、少々粗っぽい終わり方が目立ったような。

  • 断捨離、2013春。

  • 13巻「渡り鳥の黄昏」から14巻「塔の男」まで。

    「ライオンの騎士」「銀月の騎士」。すっきりと解決しない、負けたとも取れる終わり方だけど、希望がある。こういうの大好き!
    でも「神の棲む森」の勧善懲悪な感じもまたよろし。子供と動物が仲良くしてるのは無条件でなごむわ~

    例によって読み直して気づいたけど、「死者からの贈り物」はパズルがかっちりとはまっていくような、よくできたお話でした。
    バブルの塔とはまた懐かしい響き。
    昔はキートンさんを目の敵にしてるチャーリーは好きじゃなかったけど、今はその気持ちがよく分かる。
    キートンさんに悪気はないだけに、余計悔しいんだろうなー。本当に不憫!

  • chapter2【死者からの贈り物】
    chapter12【塔の男】
    この二つが好き。
    特にchapter12後半の『負けたからってクヨクヨするな!!負けの数が多いほど勝った時の喜びは大きいんだ!!』が何気ないんだけどグッときた。

  • 最新のマスターキートンを読むために、ビッグコミックオリジナルを買うようになりました。連載が終わってからも買い続けているうちに、続編が始まりました。さて続編の第2話は。

全18件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

考古学に未練を残しつつ、日々の探偵業務に追われるキートン。英国、日本、欧州を股にかけ、世界中を飛び回る日々が続く。SAS(英国特殊空挺部隊)で培った高い能力と優しき心によって、数々の難事件を解決へと導いてゆく。
名作との誉れ高い『MASTERキートン』が完全版として復活!!雑誌掲載時の4色2色ページを完全再現したA5判の豪華版です。
ビックコミックオリジナル2012年4月5日号より、本作の20年後を描いた新シリーズ『MASTER キートン Reマスター』の不定期掲載開始。

MASTERキートン 9 完全版 (ビッグコミックススペシャル)に関連するサイト

ツイートする