幽麗塔 1 (ビッグコミックス)

  • 672人登録
  • 3.76評価
    • (46)
    • (85)
    • (70)
    • (12)
    • (1)
  • 71レビュー
著者 : 乃木坂太郎
  • 小学館 (2011年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091841803

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく面白いです!
    久々にレビュー書こうと思えるくらいに!
    1巻をためし読みしてから1日で既刊すべて揃えてしまいました。
    続きが気になって頭がいたいくらいです…絵も美しく、惚れ惚れしますね。

  • 2巻も欲しいなと思える作品だった。医龍は読んだことないんだけれども、イメージとはずいぶん違う。レトロな雰囲気が可愛かった。

  • 医龍の乃木坂 太郎さんのミステリー。

    最初キャラクターの顔は医龍と印象が被りましたが、読み進めていくうちにきっちり上書きされました。
    第2位時世界大戦後を舞台にした江戸川乱歩調の怪奇幻想ミステリー。
    まだ種がどんどん撒かれている途中ですが、なかなかにポテンシャルを感じさせるよいスタートになっていると思います。
    テツオのことは途中からなんとなく察していましたが、それでも「花嫁になる」のシーンがなかなかぐっときました。
    絵がきれいな作者さんなので、流血のシーンや過激なシーンでも、過剰なグロさを感じないです。その分ストーリーに徹することができていいですね。

  • 久し振りに恐ろしい漫画に出会いました…。

    2巻くらいから突然金田一少年の廉価板みたいなミステリーが始まり、ロードムービー化しだしたので、あれ?つまんなくなった?と思ったのですが、それはおまけみたいなものだったようで。
    トリックがいまいちの部分がありましたが、それはこの物語の本質ではなかったです。

    あの時代や当時の小説の雰囲気を、言葉や小道具で飾りすぎてないのに演出しきってるのがすごいなと。

    三輪さんや乱歩の小説など、私でもわかるパロディネタも所々に!
    詳しい人は沢山見つけられるかも?

    キャラが皆魅力的です。
    沙都子ちゃん情緒不安定で便利過ぎでしたが(笑)
    Qは意外にもかなりおいしいキャラでした。
    丸部検事は素晴らしい変態でした。

    脳が痛くなる誤読感も、昭和の名作に通じます。
    泣けました。
    特に、最終巻の「幻を~…」とテツオが言うシーン。
    そしてドグラマグラを読んだ後と同じで悪夢に苦しみました…。
    また暫く続くのか?

  • 面白い!でも誰にでも薦められる作品ではありません。
    ポップ広告で気になり、よく見ると、涙香原案?らしい。懐かしくなって、まずは、一巻を購入。
    耽美、乱歩、丸尾末広、華宵、アングラ、カストリ、june風(あくまでBL風でなく)…などの単語にアンテナがピッと反応 する方でミステリー好きなら、オススメです。
    現代でいうならニートの主人公が、あるきっかけで呪われた、と噂される時計塔に謎の美青年に誘われ関わることに。そこで起きた殺人事件の謎を追ううちに、時計塔にひそむ闇の秘密を探ることになるが…

    登場人物ほとんどが、一般社会からみると(アブノーマル)な性癖をもっていること、ミステリーというジャンルであることから、残酷かつ大人向けな表現があるので、苦手な人は気を付けられた方がいいかもしれません。私個人は、絵柄がキレイで清潔感を覚えたので、気になりませんでした。

    続きはすぐに頼みました。着くのが楽しみ~♪

  • 意外と展開が読めず楽しい、本来人は変人だらけ

  • 医龍の作者さんの新作。評判がいいので読んでみたけど、結構ホラーっぽくて怖い(汗)
    あまり得意じゃないのでこのまま読み切れるか不安ですが、面白みはあるのでもう少し続きも挑戦してみます。

  • やばい、面白い。

  • 貧乏でエログロ雑誌ばかり読んでいる天野太一が、謎の美男子・沢村鉄雄に出会い、いわくありげな幽霊塔に赴くところから物語が始まる。
    舞台は昭和29年、神戸。江戸時代からあるという時計台で、かつて殺されたという藤宮たつの霊が出没するという。
    鉄雄によれば、その塔の下には江戸時代の越後屋伊兵衛の宝が眠るという。
    太一は鉄雄に促されるまま、幽霊塔の宝探しに協力するが……。

  • 古本屋で一目惚れして、遂に買ってしまった。ミステリー×ホラーかな。絵がとても美しく、趣きがあります。

    昭和29年、ニートなダメ人間天野が、時計塔にまつわる怪奇的殺人事件に巻き込まれていきます。謎の美青年テツオや、怪しい検事丸部など、みんなが怪しく裏がありそうなのです。

    おどろおどろしい昭和の雰囲気が超イイ感じ。

全71件中 1 - 10件を表示

乃木坂太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

幽麗塔 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする