7人のシェイクスピア 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 281人登録
  • 3.71評価
    • (11)
    • (40)
    • (32)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 小学館 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091842152

7人のシェイクスピア 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マンガ

  • 拷問怖い…

  • ウィル、新教徒のアンに嵌められ結婚。そして、子供まで。
    そして、ジョンとともに、ロジャーを助けたために、鹿泥棒としても、嵌められる。

  • いよいよイギリス国内における旧教徒弾圧の手が、ウィルたちの住むストラッドフォードにも伸びてきました。
    問答無用にとらえられ、息絶えるまで連日過酷な拷問を受け続けた、彼らの尊敬する司祭。
    旧教徒であることを隠し続けなくては生きていけない、息詰まる日々。

    それだけでなく、財産狙いのアンにまんまと騙され、望まぬ結婚をさせられることになったウィル。
    さらに、女王陛下の鹿殺しの汚名を着せられ、投獄させられたウィルとジョン。

    愛も幸せもなく、名誉も奪われ、全てずたずたのウィルの様子に胸が痛みます。
    奸計による冤罪。何の罪もないのに、人生を弄ばれているかのようなウィルの苦難。
    新教徒による旧教徒狩りの凄まじさが描かれます。

    シェイクスピアが8つ年上のアン・ハサウェイとなぜ結婚したのかは、彼の生涯において明かされぬ謎のひとつですが、もしかしたらこの物語の通りなのかもしれないと思えるほど、迫力に満ちた筆致に呑まれました。
    フィクションではありますが、仮定の一つとしてありえるかもしれません。
    シェイクスピア学者が読んだらビックリすることでしょう。

    全編を通じて酷い話が続き、重苦しい読後感をもてあまします。
    恐らくは、彼に無情にも襲いかかる苦難の数々が、今後のシェイクスピアの謎を解き明かす鍵となっていくのでしょう。

  • イングランド全土に広がる旧教(カトリック)への弾圧。
    その包囲網はシェイクスピアたちの住む田舎町・ストラドフォードにも迫っていた。
    「旧教狩り」に追われる恩師、望まぬ結婚、そして起こった「鹿泥棒」事件。
    シェイクスピアに数々の苦難が襲いかかる。

    酷い…色々酷い…!!
    中でもアンとの結婚は酷いわぁ。
    めっちゃはめられてんじゃん!
    史実はどうだったのかは分からないですが、この漫画ではほんとウィリアムが可哀想。
    挙句にとどめとばかりに鹿泥棒の冤罪ですよ!
    ジョンと一緒だったのがせめてもの救いだけど、これ一人で捕まってたらどうなってたか…。

  • あーー失速。。。

  • ウィルとジョンが夫婦すぎる…!

  • しかし、最近神はなぜすがるものを救い給わぬか、というテーマがイヤに心に残るようになったなあ。イギリスにおける国教会VS旧教徒って、身勝手な国王に振り回されているイギリス(´・ω・)カワイソスって認識だったんだけど、ココでの表現は、結構民衆レベルで対立してたっていう感じなんだね。

  • 最初から最後まで回想シーン。
    途中からは、記録に残っていない空白の期間の話もチラホラ。

    ストーリー自体は、あまり大きな波がなく単調でした。

    シェイクスピアとアン・ハサウェイの結婚の経緯が、
    「ホントにそうなの??」と思ってしまった、、、

  • 相変わらず大変絵がうまく、演出もとてもいいのだけど、今回は話がおもく暗いので、読んでいてしんどかった。
    次巻からの大きな動きにつながるためのメリハリなのだろう。
    次は年末にでるらしい、早くてありがたい!!
    ストーリーとあまり関係はないが、眠っている新生児の顔、実に巧く描いている。感心した。

全20件中 1 - 10件を表示

ハロルド作石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

7人のシェイクスピア 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

7人のシェイクスピア 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7人のシェイクスピア 5 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする