マホロミ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 626人登録
  • 3.86評価
    • (35)
    • (96)
    • (51)
    • (5)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 冬目景
  • 小学館 (2012年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091843364

マホロミ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建物が持つ記憶が見える
    建築科の大学1年生、土神 東也(にわ・とうや)。

    東也と幼なじみの女子大生、
    円海 卯(みつうみ・あきら)。

    祖父の家で見つけた
    古い写真にソックリな
    土神と同じ能力を持つ謎の少女
    深沢 真百合(まゆり)。

    土神の妹で
    園芸部の菜南(ななみ)。



    家が持つ記憶に共鳴し
    出されることのなかった手紙や
    戦時中隠さねばならなかった青い目の人形を探し出したり、
    解体される運命の建物に
    最後に海を見せてあげたり、

    かつて住んでいた人たちの
    果たされなかった想いを
    成仏させる手助けをする
    土神と真百合。


    いやはや、
    この設定一本に
    激しく心惹かれましたよ。
    (陰のある美少女が次第に心開いていく展開もツボ)


    建築をテーマにした漫画って
    スゴく新鮮やったし、

    昭和初期の生糸仲買商が住んでいた
    和洋折衷の建物、

    ステンドグラスが扉に散りばめられた
    古びた洋館、

    昭和初期から
    時代の荒波を乗り越えてきた
    外国人アパート、

    庭にはバラ園と
    ヴィクトリアン様式の英国家具が並ぶ
    昭和20年代に建てられた重厚な洋館など
    毎回趣のある建物が見られるのも
    マニアには楽しいかも(笑)



    古い建物が身近にある社会は豊かだというセリフがあるけど
    ホンマその通りだと思う。

    どんなモノであっても、
    重ねた時間の分だけ深みや味わいや
    美しさを増していく不思議。


    古い建物を見ると
    なぜかドキドキする。

    時の変遷に耐えうる
    芯の強さと、
    それとは裏腹な滅びゆく美学を
    どこかに感じて、
    今はいない人の声に耳をすましてみたり。

    物は物。
    そこには魂はないのかもしれない。

    けれど亡き人の思い出は
    やはり物と共に在るのは
    間違いのない事実なんですよね。


    建築科の学生たちの恋と成長を描きながら
    古きモノの声を埋もらせることなく伝えてくれる
    ロマン溢れる傑作です。

    現在2巻まで発売中〜(笑)

  • (1)~(3)

  • 建築/SF/恋愛
    16.07.14 新規up

    全04巻 完結

  • 建築物の記憶を読み取ることのできる主人公とヒロイン
    二人が揃わないと正確に読み取れない。
    主人公は自分の力の不思議さとヒロインの不思議さに惹かれつつ今まで知ろうともしなかった建築家である祖父との関係にも悩みだす人物劇
    個人的にサブヒロインが非常に可愛く、建築材オタクであるところが大変好感持てる。
    基本的に報われないヒロインの多い冬目景先生の作品なのでサブヒロインとのハッピーエンドは期待せずに読み進めたい

  • はまったわー、このノスタルジー感!
    建築という題材、オカルト感、描き込みの多い絵柄、雰囲気、全部ヤバイ。
    でも万人には薦められない個人的なツボのような気がする。
    久々のヒットだけど、この作者飽きっぽいらしいのでそれがかなり心配。
    長い付き合いになりそうだけど、
    とりあえず一気に三巻まで読む。

  • 数年前に購入したけれど、途中まで読んだ後積ん読になっていた本書。3巻を購入したことをきっかけに読んでみました。

    (以下ネタバレ)

    建物の記憶やら何やらというのはACONYでも題材として使われていた話。
    美大卒の作者ではあるのだけれど、建築も好きだったんでしょうね。。。
    イエうたの話よりも内容的に深みがあって、とても熱を感じます。

    個人的には、祖父が家の外では活発に生きていたのに、
    家の中の人とはてんでダメだった件が気になっている。
    これから明かされるんだろうけど、
    例の女性との不倫の後ろめたさとか、
    そういう話になるのかなぁ。そうでないと嬉しい。
    (自分の人生へのFeedBackが出来るという意味で。)

    昭和初期、日本が熱かった時代の話を回顧する話。
    読んでいて浸ってしまう部分もあり、気に入りました。

  • 古い建物の記憶を見ることができる主人公。
    どうすれば、その記憶にこたえることができるか、というストーリーは、りっぱなミステリーになっていた。京極以来の折伏話のようにも思えた。

  • 幻影博覧会が好きな人にはオススメの作品。
    ノスタルジーと儚さと建築愛に、読んでてなんとも言えない心地よさに包まれます。
    こういう冬目景が好き。

  • いやー、扉絵の表紙カラーで見たい!

  •  冬目景の絵には、どこか心ひかれる。そして登場人物にも。謎を秘めた女性も、元気いっぱいの女性も、この人は上手いなあ。

全45件中 1 - 10件を表示

冬目景の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マホロミ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マホロミ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする