七夕の国 (4) (ビッグコミックス)

  • 346人登録
  • 3.66評価
    • (27)
    • (45)
    • (58)
    • (6)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 岩明均
  • 小学館 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091845443

七夕の国 (4) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お話が進むにつれてSF色が強くなっていった印象です

    カササギの種明かしは面白かったな

    高志の死に方があっけなくってちょっぴり可哀想だったね(;^ω^)

    で結局江見先生って丸神教授のソレなの?どうなの?

  • 超能力と民俗学を結びつけた伝奇SF。超能力を使ううちに姿がだんだんと変容していく様はクトゥルフ神話的でもある。超能力の正体が明らかになっていく終盤の展開はちょっとセカイ系っぽい気もするが、最後に主人公が取った選択はセカイ系からの着地点を指し示しているよね。

  • 再読。「寄生獣」と「ヒストリエ」の間にはさまれて存在感が薄いけど、これもまた面白い。歴史とSFと謎解きの組み合わせで、一気に読ませる。岩明均はやはりすごい。

  • 超能力&田舎ミステリー系の話

  • ラスト、なんか物足りなかった。

  •  欲を言えば、あと数巻描いて欲しかったです。 体調のせいかな・・・

  • 謎が解けてすっきり。
    いつもゆるくてほわ~っとしてる南丸くんが、最後に自分自身も混乱しながらも引き留めようと説得するシーンが印象的。

  • 寄生獣の岩明均の作品ということで期待して読んだ。
    ハズレ作品ではないが、やはり寄生獣ほどの傑作とは言えない。
    78点

  • 『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されていく展開が心地良し。

    南丸くんの呑気な三枚目っぷりが、『寄生獣』の宇田さんをちょっとだけ彷彿とさせます。

  • 「祭りの日程」とか、「順番が逆」とか、丸神の祭りの謎が解けてスッキリ。
    ナン丸は、かつてないほど、平凡な主人公だったけど、憎めないいいやつ。
    頼之さん悲しいな~
    マンガってわかっているんだけど、妙にリアリティがあり、とても完成度が高いマンガだと思う。

全21件中 1 - 10件を表示

岩明均の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

七夕の国 (4) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七夕の国 (4) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

七夕の国 (4) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

七夕の国 (4) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする