鉄コン筋クリート (3) (Big spirits comics special)

  • 1547人登録
  • 3.89評価
    • (348)
    • (107)
    • (432)
    • (4)
    • (2)
  • 127レビュー
著者 : 松本大洋
  • 小学館 (1994年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091847331

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
松本 大洋
魚喃 キリコ
松本 大洋
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄コン筋クリート (3) (Big spirits comics special)の感想・レビュー・書評

  • 「あなたがいないと生きていけない。」なんてのはただの依存であり、自立して初めて本当に隣にいたい人と一緒にいられる。と思う。

  • あ~~~~もうやばい!
    この作品大好き!バイブル!

    映画を観た時に感じた自分なりの解釈は間違ってなかったんだと
    確信が持てて嬉しかった☆
    闇を知るから光を知る。
    だからシロが死ぬならクロは冷静に死ぬ。
    クロとシロが目指したのは空と海のアオ。
    http://booklog.jp/users/*itsuka*/archives/B000OCZAVI

    特にイタチとクロのシーンは映画だと幻想的すぎ哲学的すぎでちょっとん?な感じだったので
    漫画の方が数段わかりやすくてこっちの方が好きだった。
    映画だと全体の尺が決められていてその中で割り振っていかなきゃいけないから細やかな描写ができづらいのはわかるけど、
    得てして原作が映画作品の補完をする…よね。
    かといってじゃあ原作だけ読めばいいのかというと
    この作品について言えば絶対そうじゃない!!!
    動いてるクロとシロと宝町を絶対に観る必要がある!
    2作品見てやっとちゃんと1つのメッセージを受け取るというか…

    大洋さんの画がひたすら魅力的。
    シロがひたすら可愛い。
    「ソコカラナニガミエルノ?」の3巻の表紙が大好きです☆

    自分の変わりゆく心、
    その葛藤の中で、
    汚れず、闇に飲まれないようにバランスを取りながら
    軸を自分に、
    生きていこう。

  • いろいろ考え方とか見方とか変わったきっかけであります。
    正反対主人公にハマったきっかけでもある・・・。
    胸に残り続けるセリフとか、街が生きて呼吸していそうな雰囲気とか、本当に印象的な作品。

  • ネズミのエピソードが好き。最後の方のクロの内面葛藤のあたりは、あまり入り込めなかった。

  • クロは一度は闇の世界に行ってしまったんだな。でも、シロのことがあるから、戻ってこれたんだな。

    善と悪はなくとも、人を信じるか信じないかはある。

    相変わらずの野心的な表現だった。

  • あの海は泣ける。

  • コロコロ進むストーリー、奇抜な作画。
    有名なこの作者が伝えたいものはなんだろうと思いながら読んだ。

    シロとクロの話。
    読み終わると、クロが1人を選ばずによかったなぁと思った。
    自分の中にシロなんて足手まといだとか、1人がいいとか色んな気持ちはあるけど、シロと一緒にいた幸せを知っていたから、迷いがなかったんだろうなぁ。イタチのように強い自分より、シロといる自分の方になりたいと思えた。
    そんな気持ちが私がわかることも少し嬉しかったり。笑

    街を支配しようとする人。
    でも、街は支配者の思う通りにはいかない。街には住む人がいて、時代とともに変わっていくもの。
    街とは、私達が手に入れたいもの、と置き換えられるんじゃないか。
    何としても思いの通りにしたいと支配者の争いは繰り返されてるけど、、結局、ものって手に入れても、変化していく、満足なんてできない。
    でも、誰かと一緒に生きていくなら、それが居場所なら、守るべきもの。
    1人で独占じゃなくて、誰かと共有する幸せをさりげなく感じた。

  • 苦手な暴力だらけなんだけど、
    シロとクロの絆
    シロの不思議発言、かわいいかぶり物
    クロの子供とは思えない
    ハードボイルドさ
    現実離れした身体能力、
    人間味溢れる大人達…

    松本大洋の手にかかると、暴力シーンも
    その身体の痛々しさを超える
    別のものにすりかわる

    ラストで イタチが現れたのは
    クロがどんなにクロ一色に
    なろうとしても
    なりきれるもんじゃない、
    ほんとのクロはこういうもんだ。
    クロにはシロが必要なんだってことを
    クロに知らせるためだったのかな、と思う。

  • 間違いなく1番好きなマンガです。
    みんなに読んでほしいとは思わないけど、自分の子供には読ませたいな。

  • シロとクロのような関係性は好きだ。が、

    松本大洋のお話は、いつも短すぎる。
    三冊ほどにおさめながらも心に訴えることに成功している漫画ってある。
    それはもっとテーマを丁寧に描いて、ことばもきっと適切だから。
    松本大洋のお話は、ちょっと粗い。だから、丁寧に描写しなくても、人物の心情を自然と読み取れるような長さが必要だと思う。
    自分の読解力不足かもしれないけれど。

    そのせいで……例えば最終話辺りのページについて。
    壮大に、余韻を感じさせるように作り込まれていて、美しい。

    けれど、正直感動しない。
    ああ一段落ついた、終わった。良かったなあ。
    そんなこと思って終わっちゃう。
    心に残らない。

    なんかいつまでもサブカルという印象が拭えない。
    いや漫画界じゃすっごい人てことは聞いたことがるけれど、人におすすめしたい!って思わない。


    五十嵐大輔の『SARU』とかでも思う。あっちは詰め込みすぎの嫌いがあるけど。
    「尺足りず」ってやつ。

  • 難しい・・・。シロかわいい。

  • 舞台はヤクザが蔓延った繁華街。二人の主人公はシロとクロ。名前が表すように光と闇、善と悪の正反対で強い結びだが、離れたときのバランスの崩れ方はあまりに激しかった。
    他の登場人物たちの人間関係もそうだったけど、強い結びつきの人間の崩れた時のはかなさの表現が絶妙だった。
    身の回りに置き換えいろいろと考えさせられる漫画の枠を超えた哲学的な漫画だった。

  • 2012年3月27日(火)、読了。

  •  崩れた。でも、崩れたら、なおせるように努力するんだ。寄り添って、また一から積み重ねていくんだ。
     ネズミ、は、嗚呼、悔しくって、哀しくって、漢だなあ、なんて、思った。
     木村、も、……木村の奥さんも、奥さんは、気高いというか、なんというか、泣かずに、だから嫌なのよと捨て台詞吐いて、何処かへ立ち去る。
     シロはクロ、クロはシロ。
     ソコカラナニガミエル?

  • あんまり良さがわからなかった。

    絵は漫画漫画してて眺めるだけでも楽しめるけど。
    夏を表すのに背景に「夏!」って書いてるのは笑えた。

  • DVDの「鉄コン筋クリート」を本棚に入れる前に、こっちを入れておきたかった

    鈴木さんと木村くんの、漢にしかできない散り様がカッコよくてカッコよくて

    鈴木さんの全てを悟った導き
    木村くんの鈴木さんの意思を完璧に受け継いだ最期
    そして木村くんの子を身ごもった女の乾いた去り方

    嗚呼 シブい
    渋すぎる

    女が真似したとて、潔さはついてこない
    こりゃ漢という“性”に嫉妬するしかない

  • ごちゃごちゃしてるのにわかりやすい絵と
    なんか心をざわつかせるストーリーでした。

    人の精神世界を端的に…

  • 私が初めて出会った松本大洋作品。その後もこの作者の本を色々読んだけど、やっぱり鉄コンがイイ。面白い。哲学書のようであったり絵本のようであったり…。読むたびに新しい発見がある。大好き。

  • 面白かった。全編カラーで読みたい。BD描いてほしい。

  • ヤクザの町、宝町を自分たちの庭のように住み着く2人の少年、クロとシロの物語。

    映画化もされてます。
    大好きな作品。おすすめです。

  • シロとクロ
    ネズミも好きだけど
    やっぱシロがすき

  • ある意味私の心のバイブル。

全127件中 1 - 25件を表示

鉄コン筋クリート (3) (Big spirits comics special)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鉄コン筋クリート (3) (Big spirits comics special)はこんなマンガです

鉄コン筋クリート (3) (Big spirits comics special)のKindle版

ツイートする