ケンガイ 1 (ビッグコミックス)

  • 217人登録
  • 3.73評価
    • (16)
    • (25)
    • (25)
    • (5)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 大瑛ユキオ
  • 小学館 (2012年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091847904

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 女を装うのは大変だ。8割方は素材で決まってしまうのに、残り2割のためにお金も手間も掛けて、綺麗になる努力を続けなければならない。正直、面倒臭い。恋愛のために頑張るより、大好きな趣味の世界に埋没してしまいたい…。
    これを潔く実行しているのが白川さんです。映画オタク。趣味のために最低限の衣食住で我慢し、女であることを拒絶している。そんな白川さんを好きになった伊賀くんが恋愛作法の通じない相手に奮闘する物語。
    なぜ白川さんに惹かれたのかがわからないなぁ。ここが納得できれば、もっと面白い恋愛漫画になると思うのだけど…。

  • ずっと読みたかった\(^o^)/
    私と白川さん異常なるシンクロ率をなんとかしたい。
    つか、播磨ケンジ君だよね?

  • 元旦に「モテキ」と交互交互に読んでいったこともあるのですが、こちらこそがまったくモノスゴイ恋愛漫画。特に第一巻の白川さんが一部理解不能すぎて怖くて、彼女の価値観に共感する箇所もある一方で、生身の人間に「そういうのめんどくさいから あげるよ」なんて言われたらマジで女性不信になりそう……。そして伊賀くんが、どちらかというと的外れなアプローチを繰り返すのが非常にいいのです。変に「解ろうとする」んじゃなくて、「自分をぶつける」ことこそが振り向かせるのだ。その意味で、気持ちいいくらい王道のお姫様×王子様モノ。続きを気にさせる良作。最後までいい意味でブレないので、一気読みがオススメです。

  • ケンガイの女って…失礼だなあ~…。自分も周りの男性からそう思われていたりして??彼女は何故自身をあそこまで卑下してしまうのか?簡単に行きそうにない恋の行方が気になる。

  • バイト先のレンタル屋の一個上の先輩・白川さんに一目惚れの伊賀くん(23)。しかし、彼女は恋愛対象「圏外」の女だった…!かなりの映画好き(しかもマニアック)で、自分が圏外であることを自覚し、しかも気にしない白川さん。どうしてこの人が好きなのか?
    伊賀くんの苦悩の恋愛物語。

    一応「恋愛」カテゴリにしましたが、かなり特殊な物語です。普通の話が読みたい人にはオススメしません(笑)。。。

  • ちょっと気になっていたマンガ。ケンガイ=圏外 どういうわけか(特別ルックスや性格に難ありというわけでもなく)男から「ないわー」と言われる女。 白川さんのような、一見ふつーぽくふつーでなくな、ねじれを抱えた女性は実際にいる。そういう女性を好きな男性も一定数いる。
    ちょっとあたらしいなと思ったのは、これ、逆パターンはたくさんあるのだけど(所謂DQNやダメ男を好きになる女性キャラという)、白川さんのような女性をヒロインにしたマンガはまだまだ少ないように思う。
    1巻では伊賀君がとにかく押せ押せでわかりやすいのだが、対する白川さんの内面に立ち入った描写は、ほぼ無い。何を抱えているのやら。 でも案外、何も抱えていなかったというのもリアルかも。

  • 難攻不落で不毛すぎる・・・それゆえ尊い恋情。今、どれほどの人が一人の人間をここまで愛せているだろうか。私も含めて、あまりに多くのものを多くの人に求めすぎてはいないだろうか。そんなことを思いながら(時に極端すぎて笑いながら)一気に読んだ。続きが気になる。

  • 推薦者、日本橋ヨヲコにひかれて。これを面白がってはいろんな意味であかんやろと思うし、微妙なんだが、なんか好きなんだわ。がんばれ伊賀。

  • 今までにない感覚の恋愛?マンガです。こんな攻略しがたいヒロインはそうそういないと思われます(笑
    普通の恋愛マンガンにもう一つ刺激がほしい人におすすめです。

  • 映画以外に興味を示さない女とそれを追いかける男のコの話。不毛とも思われる努力が実る日がくるのか??!

    ともかく、裏表紙説明の"職場での蔑称「圏外」"ってとこも惹かれたし、個人的にはレンタルビデオショップものの漫画はやっぱ好きだわ。

  • TSUTAYAで働きたくなる。

  • レンタルビデオ店で働く仲間同士で出来る「仲良しグループ」。そのグループからは「無し」と思われている人を好きになった伊賀くん。
    「無し」と思われるだけあって癖のあるめんどくさい女だなぁと思う。伊賀くんはかなり頑張ってるけど、報われたりするんだろうか。

    絵柄が日本橋ヨヲコさんに似てると思った。

  • 映画好きの友人に勧めたい。恋愛観まで友人に似てる気がする。

  • 「映画オタク」「映画以外どーでもいいし」な五十鈴さん。人物像がハッキリしてて、新人作家さんの作品とは思えない。今後五十鈴さんがどう描かれるのか楽しみ。

  • ダ・ヴィンチで本田翼ちゃんがお薦めしてたので買ってきた。
    他人には理解されない女を好きになるってわかるなぁ。
    俺は結局落とせなかったけどねw

  • 月刊誌に掲載されてるみたいで。続きが非常に気になります。次巻が出る迄待てるかな…それだけ面白いということです。

  • いや、いろんな意味で「痛い」作品ですねー。

    届かない心が痛くて、
    かみ合わない会話が痛くて、
    主人公の恋心、白川さんの闇がまた痛い。

    結構キツイものはあるのに、
    先が気になってしまいます。
    どうなる! 伊賀vs白川!?

  • ゾンビで何が悪いの?

  • 読み始めての第一印象は「君に届け」の青年誌版?だった。
    しかし、こちらはなかなか業が深い。

    オビに浅野いにお氏の名前があったのが、この作品を手にとったきっかけだった。
    しかし氏の作品ほど内向きに尖ってはおらず読みやすい。
    個人的に「モテキ」が好きな人なら楽しめるかもしれないと思った。

    例えば「君に届け」の爽子は後に周囲に受け入れられるが、こちらの白川さんにそういう展開はないだろうし、読み手も望まない気がする。
    別に周りに溶け込まなくても、恋愛しなくてもそれはそれでいいんじゃないかと思う。
    反面、映画以外にはゾンビな白川さんに生きてほしいとも思う。
    無難な青年という感じの伊賀くんには今のところあまり愛着を感じていないが、少し悪い男になって頑張ってくれることを期待してしまう。

  • 帯で日本橋ヨヲコ氏と浅野いにお氏が推薦してたけど……特にはなぁ……。   

  • 絵が好きな感じだったのでジャケ買い。

  • 帯を見たら新人らしい。
    浅野いにおさんの名前にひかれて、
    絵も好みだったので購入。
    結果よかったな!なんか好きな感じ。

    2013.1.6読了

  • バーディーのために買った月スピで気になったので購入。

    この2人の先って、もちろん進行上伊賀くんの恋成就を目指すんだろうけど、恋愛する気ない人に恋愛させなくったっていいじゃん…とも思うよ…

全26件中 1 - 25件を表示

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ケンガイ 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする