スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 162人登録
  • 3.42評価
    • (17)
    • (15)
    • (70)
    • (3)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 榎本ナリコ
  • 小学館 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091848147

スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性らしさ、に抵抗を持つ女の子、葉子
    ゲイの男の子、花
    ストレート、ノーマルな男の子、幹
    この三人が高校時代に出会ってから社会人までの三角関係の話。

    私自身10代の頃からスカートを苦手に思っており、制服すらも慣れるまでは苦痛でした。
    「女」とか「女社会」のようなものに馴染めず、社会とも壁を感じていた頃に読んだこの本。
    主人公の女の子に感情移入して「女って本当にめんどくさいよねぇ」とため息をついたり、
    ゲイの男の子には不憫さを感じ入りながら読んでいました。
    「性」というものを枷としか感じられなく、けれど確かにある自分の中の「女」を持て余していたあの頃。

    初めてのキスで幹が発したあの言葉。
    あんなに純粋な接触をどれだけの人が何度行えるのだろうか。
    キスでなくても、そういった接触を重ねていきたい。
    人となりを愛したい。

  • ずいぶん昔に買って、1回読んで3人に描かれるリサイクルマークの様に関係が永遠にループする終わり方に苦しくなって
    ずっと本棚にしまいっぱなしにしている本です。

    誰かが誰かと幸せになる終わり方を望んでいる訳ではないけど
    結局誰も幸せにならないような気がする上、何だかすっきりしなくて自分は好きになれませんでした。

  • 男になりたかった女の子→そんな女の子の思いを知っててずっと片思いしている男の子→その男の子に片思いしているスカートが穿きたい男の子。この歪な恋愛三角関係に性問題のみに留まらず社会的なモラル等考えさせられる。

  • すべてわからなくない。
    けど、ワタシはまた違う人間だとも思う。

    人は生きやすくなろうとしていろんな枠組みを作って、結局窮屈な世界に振り回されるんだ。

  • ナリコさんの中で一番すきな作品。社会の常識や自分の中の正常と思われる葛藤でぐるぐるなる。切ない。

  • なんで男性はスカートがはけないのか。
    はこうと思えばはけるけれど、考え方が邪魔をする。

    みんな、自由になろうよ。

  • ナリコに転んだ作品です、こないだ改めて読み返したけどほんとに何回読んでもセンセーショナルででもどこか尖ってるような印象を受ける。そういえばナリコにしてはハッピーエンドだね?

  • 男の子ふたりと女の子ひとり。女であることを否定したい女の子、女の子になりたい男の子、そして、普通の男の子が出てきます。いま生きている性について自分はどう思うか考えさせされます。私は、女ですが、女であることを否定したい少女、葉子のモノローグにすこし共感をもったりする部分がありました。またすこし時間のあるときに読みたいです(切羽詰まってる時に読むには少し重いかな…と思ったので)。

  • 同性が好きな男の子、そんな男の子が好きな女の子、そんな女の子が好きな男の子の思い人。女の子になりたい男の子に、振り向いてもらえるなら男に生まれたかった女の子。悲痛な思いでこっちも切なくなってくるお話でした。

  • 心理描写が生々しくて居た堪れなくて直視できない場面も。
    そこがいい。

全21件中 1 - 10件を表示

榎本ナリコの作品

スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

スカート (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)はこんなマンガです

ツイートする