花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 152人登録
  • 4.15評価
    • (17)
    • (23)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 片山ユキヲ
  • 小学館 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091848260

花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮沢賢治ゆかりの場所・岩手県へ
    ハナと満里子は旅するのですが・・・
    なんだか1人の男性をめぐって
    ギクシャクしてますね。
    ふたりの女心が見え隠れする心理描写が
    面白く読めました。

    ハナちゃんスランプから脱け出してもらいたい!

  • 「朗読」の勉強になる漫画、第6巻。

    小川未明の「野ばら」と宮沢賢治「おきなぐさ」。
    地の文の視点の話からさらに次のステップも明らかに。

    立体的な「場面イメージ」をつかむために宮沢賢治の愛した風景を実際に見に行くエピソードも。

    「朗読家は声に出している場所の1〜2行先をすでに頭の中で読んでいる」という話は、楽譜を奏でる時に先を見据えている音楽家の演奏に通じると思いました。

  • (2016-12-24L)

  • 13巻でまとめてレビュー。

  • 宮沢賢治がテーマということで、わたしの地元のいい風景がふんだんに盛り込まれていて嬉しい限り。ストーリーは心を締め上げるような切なさだけど。

  • 週間連載になって、やや長めのストーリー展開になっている。間延びした感じはあまり無いのだが、密度を保ってほしいと思う。

  • 小川未明『野ばら』、賢治『おきなぐさ』と『注文の多い料理店』。

  • 友人に勧められて読み始めました。朗読というものにある膨大な情報、そこから紐解かれるひとつの作品の本当の魅力に圧倒されます。文学作品の朗読をテーマにした漫画を黙読するという奇妙な感覚の中、絵とフォントの表現で、知らず知らずのうちに黙読にも抑揚が付く。それがこの作品の没入感になっているのではないかと思いました。

  • なんかもやもやしてきちゃったなー。
    ハナもまるちっこいかわいさがなくなってどこ狙いなんだこのヒロインは、と。

    もともとこの恋愛レースが予定されていたとして、今だったのか?と疑問。

  • 葛藤に次ぐ葛藤。
    恋愛から来るライバル心と感謝の気持ち。

全12件中 1 - 10件を表示

片山ユキヲの作品

花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

花もて語れ 6 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする