シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 583人登録
  • 4.33評価
    • (80)
    • (53)
    • (25)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 伊藤悠
  • 小学館 (2012年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091848307

シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

  • 命の価値は変化します。
    その時代、この場所、立場によって。
    大事な人を虫ケラのように殺される理不尽。
    それは怒りとなり怨念となって、呪う相手を求めさまよい始める…。
    全てを喪い、復讐を糧に生きる者。
    シュトヘルとハラバル。
    死臭を撒き散らし、激闘です。
    ユルールは悪霊と化した姫の呪いを解く王子様になれるのでしょうか?

  • ハラバルとユルールの対面になんというか…言葉が出ないです。ハラバルが地面に書いたものになんというか…涙が…。もうなんというかですね、ユルールが逞しく成長して、そしてその姿を見て微笑うハラバルがなんとも言えないです。去ってゆく背中にもう二人ともどこも帰る場所などない、彷徨うしかないとわかっているのに…。
    そして登場したイケメン新キャラ。これから物語がどう運ぶか楽しみです。現世のスドーくんは今後絡んでくるんでしょうか…。彼は読者の気持ちを代弁してくれるようなキャラクターなのでまた登場してほしいなぁ。

  • 「―――覚えてなくてもいい。……何も残っていなくていい。何度でも出会い直して、俺と生きようよ。
     シュトヘル―――、君のことが好きなんだ、ずっと」

     この漫画に登場する主要な人物たちは、皆、己が信じる正義と信念を持っている。他人に付けられた消せない傷や自分しか担えない重い責任が、それらのバックボーンになっている。そして、この12世紀という時代と場所はまだ、盗み・犯す・殺すを、それだけで「悪」と断じれる地盤になっていない。
     皆が皆、ユルールでさえも全き善人というわけではないかもしれないが、そうあろうと周りに飲み込まれまいとする彼の強さには、言葉には、見ているだけでも震えるものがある。
     ……こんなこと言われちまったら、もう、惚れるしかないですよ。
     

  • 西夏の文字盤・玉音同をめぐり、衝突する金国軍と蒙古軍。
    ユルールを救出に向かう須藤だったが、虎の男の気配を感じたシュトヘルが彼を押し出そうとしていて…。

    男を見せたよユルール…!!!
    惚れ直す勢いなんですけど!(笑)
    あの告白に全部持っていかれました。
    待ってたの! その言葉ずっと待ってたの!
    シンプルだけどとても心に響くお言葉でした…!

    また兄ハラバルに対しても、彼の目的を言い当てた上でのあの発言。
    甘いかもしれないけど、ユルールはそれでいいと思う!
    できればいつか共闘して欲しいですけどね…。
    でもユルールの顔の傷の理由を聞いて微笑んだハラバルさんを見てると、ありえそうな気もしますが。
    あの微笑みは弟が成長してるのが分かって、兄としては喜んでるんじゃないかと勝手に思ってます。

    そしてシュトヘル! おかえり!!
    あのボルドゥですら泣いたわ!!(笑)
    あああ、ユルールとシュトヘルの今後が楽しみ過ぎますよほんとに!

  • 虎と悪霊の二人の戦いは、まるで愛し合っているようだった。
    いい本だ・・・

  • スドーの最後の言葉泣けた…

    ここでまた新キャラ登場で急展開。

  • 「帯.」
    人間にとって、
    「文字」とは何か!?

  • ユルール本当に大人にっなった。
    兄貴のやろうとしてる事察して、止めてとりあえずそれまで生きろと叱咤するユルール。大人になって……

  • 新刊が出ていたことに気づかず半年。毎度ながら、読みごたえがあって物語として本当に面白い。巻が進むたび、各々の成長が胸に染みる。

  • シュトヘル復活!  
    新キャラ登場! 敵か味方か!?   

  • やはり独特な絵が素晴らしい。

  • ユルール、ハラバル、シュトヘルの行き着く先は…ユルールの成長が目覚ましく、また二人の再会にも泣けます。そしてハラバルの行く先はどうなるの…?そしてついに待望のイケメン枠登場!今後にも期待ができる新展開ですね。

  • 虎の男の覚悟。
    悪霊の執念。

    重要そうなキーパーソンの登場。
    どうなるのだろう、この物語は。

  • ちょっと飽きてきた。

  • 正月帰省した時に地元の本屋で見つけたら、残り1冊しかなく、友達にかっさらわれたため、帰省から戻ってきた年明けに探したら近くの本屋に置いてなくてびっくりしました。
    ので発売からちょこっとしてからよんだわけですが。

    戻ってきてくれて良かった!おかえり!

  • スドー…。
    視点人物がいなくなってどうすんだあああああ。
    いやはや、緊張度の高いマンガだ。

  • 今惰性で読んでる。好きだけど消化不良気味。最近。
    これスドーがいる意味あるの?
    いずれにせよ次巻で動きそう。
    双子皇子もいい味だし、期待。

    キャラクターづくりホント巧いよなー。みんな好きだもん。
    でも動かしきれてなくないかー。

    あと、文字ってなんだ、って叫び、もう少しさり気なくしたほうがいい。

    伊藤さんが持っている文字への情熱が率直に、愚直とも言えるほどに、描かれているわけだけど、
    一読者としての私は、そんな情熱持ってないから、物語についていけない。
    なんで文字ってそんなにすごいのか、心に来ない。

    死んだものも消え去るものも、文字はとどめていてくれて、未来につなげてくれる。すごいことだよ、わかるけど、
    結論ありきで突っ走っている気がする。

    ユルールのやってることが「正しい」で進んでる。
    でも実際どうよ。
    ハラバル見ろよ。彼、間違ってないし。

    もっと、読者に考えさせなきゃだめじゃないか。
    結論はこう!って見せてくれるだけじゃなくて、いろんな立場と考えを、平等に提示して、丁寧に描いてほしい。


    すごく素敵なテーマ、キャラクタたちなのにもったいない気がする。



    ところでモンゴルの気狂い王は、
    背中の皮膚むしり取ったらどうかな。
    あるいは上から違う字で焼いてみたら。

  • スドーの時はシュトヘルー!助けてくれー!ってなるし
    シュトヘルの時はスドー!スドーはよ来てくれー!ってなるし(笑)
    よかった。
    トルイとナランの部分はまだよく分かってへんけどこれからやな。

  • シュトヘルが復活した!

  • 双子のイケメンとうじょう。

  • 若きイケメン登場!

  • いちばん楽しみにしているコミック!

  • ハラバルとユルール。
    ひとまずここで、この二人の関係はおしまい。

    ここに自分が生きた証を、どれに求めるか。この違いだったのか?この二人。
    今この瞬間。生きているこの時代に、刻印を残すことを求めたハラバル。復讐って手段が、そう思わせます。
    未来へ。自分たちがいなくなっても、残る刻印を求めたユルール。自覚は薄いけど、文字を残すというのは、そういうこと。

    スドーとの別れで、そこに目覚めたか?

    物語は新たな敵の登場で、違う流れになりそう。歴史の奔流が始まりそう。

  • スドー・゚・(゚`Д´゚)・゚・

全27件中 1 - 25件を表示

シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュトヘル 7 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする