補讐授業 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

  • 10人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三上達矢
  • 小学館 (2013年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091848482

補讐授業 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)の感想・レビュー・書評

  • デザイン担当:古角今日子

  •  ふと目が覚めると、そこはコンクリートで作られたハリボテの教室だった。出口はない。閉じ込められたのは4人の女子高生。4人は小学校の同級生であった。4名が戸惑うなか、「ホームルーム」の開始を告げるチャイムが鳴り響いた……。

     いわゆる「ソリッド・スチュエーション・スリラー」。やはり、このジャンルはもはや他作品との差別化が難しい。特に『SAW』以降の作品乱発によって、ほとんどのパターンが出尽くした感が強い。そんなわけで、本作もそれほど予想外な展開が待っているわけではなかった。

     そういえば、読んでいる最中から「どっかで見た絵だなー」と思っていたら、三上達矢さんは「三上龍哉」の別名義らしい。「三上龍哉」と言えば、抱腹絶倒のギャグ漫画『極道一直線』の作者。それを知ってからというもの、本作のシリアスでホラーな場面を見ても、笑いがこみ上げてきてしょうがない。今度、貴志祐介さんの『クリムゾンの迷宮』のコミカライズを手がけるらしいけれど、果たして真面目に読めるかしらん?


    【巻数】全1巻
    【掲載誌】月刊!スピリッツ
    【連載年】2012年

全2件中 1 - 2件を表示

補讐授業 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

補讐授業 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)はこんなマンガです

補讐授業 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)のKindle版

ツイートする