アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)

  • 701人登録
  • 3.71評価
    • (32)
    • (83)
    • (84)
    • (3)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091848802

アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ZQNの生態。小屋との往復。敵・味方の絶対視ができない、人間模様。手に汗握ります。

  • 中田さん生きてたのか。富貴ちゃんかわいい。

  • これから徐々にZQNの生態がわかってきて、話が進んでいくのか

  • 主人公が引き篭もり青年・江崎に。クルスたちのメンバーにイケメンやかわいい子がいるので、目が落ち着く。そして面白くなってきた。それにしても、カバー酷いなぁ…(褒め言葉)

  • 最初「バクマン」みたいな漫画家の漫画かと思ったけど、急展開
    びっくり設定だけど、面白い

    先が気になるひろみちゃんの存在感

  •  英雄たちの話から一転、ひきこもりくんとZQN掃討集団のお話になりました。
     スローペースに、ZQNの生態であるとかそういったものが少しずつ明らかになっていく内容です。
     そして埼玉の久喜市が舞台なわけですが、何故埼玉w

  • 英雄くん少しも登場せず。
    ZQN南にすすんでるとか、江崎くんの動向とか。。。 しかし、ローペース。

  • できなかったらお前が死ぬ。

  • アジトに着いて、
    みなさんの生活を見て、
    埼玉の久喜市と東京の豊島区で交信!
    どっちも最悪の状況なんでしょうね。
    で、
    江崎たかしは人を殺すのに慣れなきゃいけない状況で、
    それの練習をするところで終わり。

    クルス編より本編の鈴木英雄が気になる!
    でも、
    クルス編もどうなるか気になる!

  • 毅とともに来栖たちの基地に向かう江崎。
    そこではアウトレットモールともまた違ったコミュニティが作り上げられていた。
    江崎は苫米地からZQNの生態の断片を聞く。
    さらにトタン板の小屋にいる羽生姉妹からも話を聞く。
    アウトレットモールよりも成熟したように見えるコミュニティも、実は一枚岩とは言い難い。
    江崎はどうやら富貴子に惚れたようだった。

全38件中 1 - 10件を表示

花沢健吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 11 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする