KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : L.DART 義凡
  • 小学館 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 日本と中国で同時出版された中国人漫画家の作品『キリンジ』を読む。
    主人公に孫策伯符をもってくるあたり、なんとも渋いセレクト! 周瑜との友情は当然、太史慈とのライバル関係とか、あまり他の三国志作品にないエピソードばかりで、面白く一気に読んだ。願わくば弟・孫権との不明点の多い確執とかも、やって欲しかったな〜。
    絵的には、『新暗行御史』の梁 慶一さんとか『バスタード!』系の、バトルものが得意な強い作画。こういう人にこそ熱くて暑くて苦しくなるほどのスポーツまんが、描いてほしいな。村枝賢一さんの名作『俺たちのフィールド』を超えるような!

  • ちょっとファンタジー要素が入っている孫策伝。
    玉璽の力で不死身になった孫策が暴れまわる無双もの。
    絵はうまいし、女キャラも可愛いのだが、イベントが少なくとびとびで非常に短すぎるのが残念。
    もっと内容を密にして長くやっても良かったのに・・・

全2件中 1 - 2件を表示

KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)の作品紹介

本場、中国の作家が描く「新感覚・三国志」

もしも彼が生きていたら、歴史は大きく変わっていた――――

孫策(そん・さく)は、三国志ファンが「もしも・・・だったら」と思う人物として、間違いなくそのひとりに挙げられる、短命の英雄です。

孫子の末裔、かつ名将であった父、孫堅(そん・けん)の亡き意思を継いだ漢(おとこ)、そして中国の南方、江東地域を圧倒的な武力で次々と制覇し、三国志の一角を占める「呉」の国の基礎を築いた漢、それが孫策です。

その彼が遠征前に、麒麟(きりん)と名乗る精霊と出会い、不死の力を得るところから、この物語は始まります。

孫策は天才軍師、周瑜(しゅう・ゆ)を盟友としながら、天下を統一し、彼の目指す「民の笑える国」を築くことができるのか? 麒麟が与える課題をこなし、覇王の条件を無事、クリアできるのか?

三国志の本場、中国在住の中国人作家が描く、日本人のセンスとまったく異なる新しい三国志がここにあります!

【編集担当からのおすすめ情報】
描いたファンタジーの単行本が、中国で累計30万部を突破! 今、中国で脚光を浴びている若手中国人作家、L.DARTがついに日本でデビュー! 日中同時連載でも話題になった、本格的な三国志のストーリーマンガです。

映画『レッドクリフ』以降、中国では劉備の「蜀」、曹操の「魏」ではなく、孫権と周瑜の活躍する「呉」の国に注目が集まりました。孫策はその「呉」の国の基盤を築いた真の英雄であり、彼の存在はもっともっと注目されるべき、という著者の強い思いから、この物語が生まれました。

ありきたりの三国志では満足しない三国志ファンには、買いです!!

KILLIN-JI 新覇王傳 孫策 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする