アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)

  • 637人登録
  • 3.80評価
    • (37)
    • (84)
    • (60)
    • (7)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 花沢健吾
  • 小学館 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852403

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江崎、クルス編続き。クルスの双子のキャラデザ酷すぎる…(褒め言葉)胸糞感ほんとすごいなぁ~。見開きでこの人の躍動シーンそんな嬉しくないよ…w

  • 基地がZQNに襲われ、ついにコミュニティ崩壊。毅たちは脱出することになる。
    江崎は富貴子を守るために自らZQNたちを引き寄せて戦い、抵抗空しく噛まれて川に落ちてしまうのだが……。
    毅たちは基地を捨てて第三中学を目指す。
    そこではZQNたちの不思議な巣が存在し、さらに理性を持ったままと思しきZQNが登場する。
    クルスと同等の性質を持つZQN……江崎もどうやらそうなってしまったようなのだが……。謎は深まるばかり。

  • 終わったと思ったら、始まりかよ。やるね。

  • 相変わらずZQNの弱体化が気になるのだが、最後、見開きでの戦いはなかなか魅せた。
    なんか寄生獣みたいな展開になってきたな。

  • おぉーそういう展開なのねとちょっと意表を突かれる。
    クルス編が終了との事だけど、まだ続きがありそうな終わり方。
    どこかで主人公たちと接する事になるのかしら

  • 英雄くんほとんど登場しなかった。

  • クルスってそういうことかー なるほど
    話がちょっとすすんだ でもなんでパンイチ

  • 普通のゾンビ物好きとしては超人みたいな話は「あぁ、そういう展開になっちゃったかあ…」という気分。続きは気になるので最後まで付きあうけど(´Д` )

  • 飛び飛びなのでクルスのことがよく分からない…練習台ゾンビがちょっと気の毒…

  • クルス編完結。意外な結末だった。そして続きが気になってきた。しかし元の主人公が出てこな過ぎて、名前を忘れてしまったよ。

全36件中 1 - 10件を表示

花沢健吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)の作品紹介

クルス編、完結。衝撃の幕切れを見届けよ。

「人を刺す感触に、慣れろ。」
「一度くらいは…生きてる実感が欲しい。」
「見慣れた景色なのに、死後の世界みたい。」
「王様は、ひとりだ。」


引きこもり・江崎が加わった来栖一派から、遂に感染者が!!
激震走る中、アジトを追われた彼らを待ち受ける衝撃の光景とは――!?


世界が再編されようとしている中、生きるという選択をしたものは、居場所を求め彷徨い続ける……

今、静かなる「頂上決戦」がはじまる――!!!!!

【編集担当からのおすすめ情報】
大ヒット漫画『アイアムアヒーロー』最新刊が待望の登場!!

10集を超えてもなお落ちることのないスピード感で展開していく本作、この12集で遂に「クルス編」が完結します。

次第に明らかになっていく「ZQN」の謎…
物語は二転三転し、収録最終話には、衝撃の幕切れが待ち受けています。

リアルタイムで目撃者になれる幸福、是非味わってみてください!!!!!

アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする