Monster (16) (ビッグコミックス)

  • 987人登録
  • 3.64評価
    • (93)
    • (64)
    • (221)
    • (3)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2001年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852762

Monster (16) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼第1話/屋根の向こうまで▼第2話/友情の答え▼第3話/タクシードライバー▼第4話/無関係な殺人▼第5話/赤ん坊の憂うつ▼第6話/恐怖の足音▼第7話/ヨハンの足跡▼第8話/殺し合い▼第9話/父さん母さん▼第10話/おかえり●登場人物/天馬賢三(脳神経外科医)、ヨハン・リーベルト(他人の命をもてあそぶように奪う“怪物”)、ニナ・フォルトナー(=アンナ・リーベルト、ヨハンの双子の妹)●あらすじ/事故により負傷したところを、偶然通りがかった歯科医ミランに助けられたテンマ。テンマは静養中、ミランの部屋の壁に、自分が追跡中のペトル・チャペックの写真が貼られていることに気付く。それを疑問に思うテンマに、ミランは、ペトル・チャペックと自身との関係を語り始める…(第1話)。▼テンマを前にミランは、ペトル・チャペックが同郷の幼なじみで、かつて親友だったと告白する。さらに、彼をドイツへ呼んだのは自分だとも。そして、ペトル・チャペックに殺された人々の復讐のために旧友の暗殺を決意したミランは、テンマの制止を振り切ってその実行へ向けて行動を起こす…(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/エヴァ・ハイネマン(テンマの元婚約者)、ルンゲ警部(ドイツ連邦捜査局警部)、Dr.ライヒワイン(テンマの理解者)ペトル・チャペック(メガネの男)●この巻の特徴/ヨハンとニナの出生の秘密が遂に明らかにされる!

  • ニナとヨハンが、遂に対峙。どうなるか?

  • ヨハンのいう計画とは復讐のこと?
    発端は生まれる前から?

  • どうして泣くんだ 僕には全然わからない

  • 16

  • 双子の育ちが明らかに、そして再開:)

  • 「赤ん坊」が殺された。
    「悪魔」とか抽象的な存在に振り回されている自分・・・

    ニナはついに、というかようやくヨハンと対峙。
    ここまで長かった。

  • 断捨離本、2013春。

  • 【資料ID】76372
    【分類】726.1/U83

  • 図書館の本

    出版社 / 著者からの内容紹介
    ヨハンとニナの出生の秘密が遂に明らかにされる!

全24件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

Monster (16) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Monster (16) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする