機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)

  • 378人登録
  • 4.09評価
    • (41)
    • (40)
    • (22)
    • (3)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 太田垣康男
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 小学館 (2013年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091853073

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

  • 漫画喫茶で読みました。

    クローディアの下着姿は全然まったく嬉しくないな。
    クロッチすらないってのも、いつの時代のパンツ描写だよって思うけど。

    ダリル曹長が左手を失った経緯がわからない。
    1巻の最後は無傷で帰還してるし(劇場版ではこのときに失ってなかったっけ?)、描写的には2巻の始めで既に失ってる感じ?
    次にガンダムが出撃してきたら・・・みたいな話をしてるところから、搭乗艦が被弾でもしたのだろうか?

    既にゲルググに劣ってるのに、試作機であるガンダムを投入してきた理由が描かれていて、なるほどって感じだね。
    英雄的なシンボルとして、か。
    となると、中身はアムロのガンダムとは別物かもしれないね。
    中身はアレックスとか。
    アムロの戦闘データからコンバートもされてるだろうし、純粋に性能が上がってるんだろう。

    サイコ・ザクは思い切ったデザインだよね。
    とりあえず背中に武器をたくさん背負わせよう、とか、単純明快かつ有効な方法。
    被弾したときがヤバそうだけど。
    フルアーマーユニコーンもそんな方向性だよね。
    ただ、せっかくだから使っては廃棄、使っては廃棄、みたいな描写が見たかった。
    気が付いたらほぼ使い切ってるとか。
    機体が赤いのは、連邦側がガンダムのヒーロー性を利用してるのと同じくシャアにでもあやかってるんだろうか。



    両陣営とも母艦を失うって。
    艦と共に・・・ってのは描写としてはカッコイイかもしれないけど、所詮は自己満足の無駄死になんだよね。
    第二次大戦中の日本でも艦と共にした艦長が多数いたみたいだけど、その結果、有能な艦長がいなくなって人材不足に陥ったとかなんとか。
    つまり宇宙世紀のような未来でソレを強要する副艦長は、やっぱ無能だったということか。

    っていうか、「反撃くるから撃ったら速効離脱しろよ」って言われてたのに離脱せずに反撃喰らって消し飛んだ部下といい、本編の「1本ずつ撃てよ」って言われたのに3本まとめて撃っちゃって爆風で投げ出されたミハルといい、なにやってるんだろう。
    相手を撃墜するとテンション上がっちゃって死に直結する注意事項すら頭から飛んじゃうんだろうか?

  • 人間ドラマから敵にも感情移入するような流れではなく、そもそも論で戦争の悲しさが作品を覆い尽くしている中では悪も正義もない。しかしMSはかっこいい。悲しい。

  • よくぞあの「角付きヘルメット」をそのまま描いたw

    そもそも原作が「子供が戦場に出る」ということを異常であると描いたものではあったのですが、本作ではそれを大人の視点から、もっとえげつなく描く。殆どネネカ隊じゃねーかw

  • 2014/12/25購入
    2014/12/29読了

  • 出撃するまでは盛り上がるが、戦いになると何やってるのかいまいちわからん。

  • 絵が下手。
    サイコミュのために両手両足を切断されるというのがなんとも。

  • モビルスーツのカッコよさに目が行きがちですが、戦争の悲壮さが凄く伝わる2巻でした・・・(´;ω;`)
    一人ひとりの命が重く描かれていて、感情移入させてくれる構成も見事としか。

  • これだけ世界観がリアルになると、もう、ガンダムの造形に違和感が。

  • 一年戦争激戦区サンダーボルト宙域で繰り広げられる二人のパイロットの葛藤と運命を描く大人向けガンダム作品。サイコ・ザク&フルアーマーガンダムのかっこよさと、四肢を奪われた主人公の悲劇に震えるぞハート!

  • 旧来のガンダムファンは思うところも、あるとは思うが、戦闘描写は好きです。

  • すごい面白かった!!!

  • あばよ同じ消耗品の弟妹達!未成年だろうと関係ねえ!生き残ったら…共に乾杯だ!

  • Kindle化待ちしていたけど、一向にその気配がないので根負けして購入。戦況が酷いことなっていく描写はお見事だけど、主役2人の一騎打ちが見られなくてそこまで上がらず。次巻に期待。

  • 予想通りの嫌な展開になりつつある。
    連邦もジオンもそれぞれ大義名分を別にしても、戦う理由はあると……。
    そして、その結果がどうなるかというと……。
    まあ、ガンダムだからと言うのではなくてありがちな話ではあるんだけど、展開と設定が上手いので、すんなり読める。
    次回は対決な感じを呈してますが一体どうなることやら。

  • 少年兵全滅。兵器にあわせるために、腕切断。

    戦争っていう大義のために、個人の思惑なんてすっとんでいきます。
    そんな抗えない大きな流れの中で、「個」を打ち出せるのは、生存者。
    その中で、さらに輝くのは華々しい活躍した「個」。それが「エース」と呼ばれるんでしょうね。
    プロパガンダかねて。臭いものにするフタの意味合いもつよいです。

    戦場の英雄ってのは、人殺し。さらに言うなら、死んだ人殺し。

    ハードボイルドですな。

  • 近未来のメカ・ロボットを描かせたら一流で、宇宙モノのストーリーにも定評のある太田垣康男氏がガンダムを描く!
    それだけで、期待度MAXの作品だったんですけどね。
    1巻における宇宙戦闘のあまりのリアルさに、正直コイツが完結した暁には『~THE ORIGIN』をも上回るリアル描写のガンダム作品最右翼になるんじゃないだろうか?
    そんな風に思ってしまったものですよ。
    そしてその思いは、この2巻読んだことで、更に大きく膨らんでしまいました。

    1年戦争末期、アムロ達ホワイトベースクルーが、ア・バオア・クーでの最終決戦に望もうとしていた頃。
    ジオン公国軍にとって重要な補給路の制宙権を奪還すべく攻撃を繰り返す連邦のMS部隊は、そのことごとくをジオンのスナイパー部隊により排除されていた。
    そこは、一年戦争緒戦で壊滅的被害を受け、無数の漂うコロニーの残骸と、そこに帯電した静電気の放電により“サンダーボルト宙域”と呼ばれる宇宙の難所。
    事態を打開すべく投入されたフルアーマーガンダム駆る連邦のイオ・フレミング少尉により、次々に排除されるジオンのスナイパーMS部隊。
    そこで1巻は終了。

    2巻では、ジオンのスナイパー部隊エースのダリル・ローレンツが、イオのガンダムに対抗するため、モビルスーツを自らの手足のように操ることが可能となる実験段階の「リユース・サイコ・デバイス」の実戦投入第一号として選ばれるトコロから始まります。
    元々、戦闘により身体の一部を欠損していた兵で構成されていたスナイパー部隊・「リビングデッド師団」ですよ。
    神経を介して、脳をMSの制御系にダイレクトに繋ぐことで、四肢の欠損したパイロットや、経験不足のパイロットでもMSを熟練パイロット並みに操作出来るよう実験されていたのが「リユース・サイコ・デバイス」。
    「サイコミュ」よりは現実的で、汎用性も高いでしょう。
    しかし、「リユース・サイコ・デバイス」に適応させるため、ダリルの唯一残った片腕までも切断されてしまいます。<四肢が欠損した者用のデバイスしか実験されていなかったため。
    これにより、「最高のスナイパーの眼」に加え、正に手足となる「リユース・サイコ・デバイス装備高機動型ザク」を手に入れたダリルの戦いが始まります。
    一方連邦側は、学徒動員のローティン兵までもが実戦に投入され・・・・・。
    サンダーボルト宙域を巡る戦いは、二人のパイロットを中心に、泥沼の戦いへと突入していく・・・・・・・。

    これは太田垣氏が、ハイクオリティなメカ描写の迫力ある戦闘シーンと、リアルな描写でやるもんだから・・・・・・もう、鳥肌が立つくらい恐ろしいコトになっていますよ。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    もはや、勝者と呼べるものが残るのかどうかすら怪しい。(-.-;)

    それでも、イオのフルアーマー・ガンダムと、ダリルの高機動型サイコ・ザクの因縁の決着は、どんな形であれつくことになると思います。
    それも、そう遠くない段階で・・・・・・・。

    濃厚で、リアルなガンダムバトルが観たい方は、この作品を読めば良いと思うよ。
    めっさ凄いっす!( ̄ー ̄)bグッ!

    P.S.
    それにしても、
    凄腕(と、恐るべき強運の持ち主)とはいえ、普通のパイロットであるイオのガンダムでさえ、その戦う姿は『鬼神のごとし!』・・・・まさに、一騎当千の機体ですよ。
    これ、本編では、最高レベルのニュータイプであるアムロが乗っているんですよね。(-.-;)
    ・・・・・・・本当にジオンのパイロットにとっては、「白い悪魔」以外の何物でもなかったんだろうな。(;^_^A

  • 悲惨さよりもひたすらに哀しいのは多くが前を向いたまま死んでいくからだろうか。画の圧倒的な説得力とスペクタクル。宇宙世紀の機銃がこんなに怖いなんて!

  • 購入して読み。

    ますます泥沼化していく戦局。
    少年兵の動員とか、実験機のために腕を切断したりとか。希望が見えない…。

    正直ガンダムに精通してないと、セリフのない戦闘のみの絵を見て、なにがどうなってるのか判断するのはちょっと大変かもしれん、とあまり詳しくない自分は思った。

  • 戦場の混乱した雰囲気とか、気がついたら自分以外全滅していたとか、やけに怖い。MSのデザインはこれはこれでアリかと思います。

  • 生き残る事に望みを託す、敗残のロマンチスト。
    狂気にも似た熱を戦場に求める、傲岸のリアリスト。
    そして、読後にただ『壮絶』の一言が残る。

  • 艦隊戦が始まり、戦記物ガンダムとして面白い!
    1巻では、違和感あったメカニックデザインも今回登場機は中々良い。
    ジムキャノン、ガンキャノンが好きだな~。
    次巻でいよいよ、サイコザクとフルアーマーガンダムの激突が予感される幕切れでした。

  • 1巻でこのMSないわーってなってたんだけど、次第に勢いでグイグイ引きこまれてしまう。そしてMSもかっこよく見えてくる不思議。

  • 一巻は我慢してたけど、やっぱ買っちゃった。面白かったけど、3巻で決着つけて、ムーンライトマイル書いて下さい。

  • ジーグジオン。

全29件中 1 - 25件を表示

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

待望の太田垣版一年戦争、最新集登場!!

いよいよ総力戦へまっしぐらとなったサンダーボルト宙域の戦局が、イオとダリル、ふたりのパイロットにさらに重い運命を背負わせる。連邦の魔物・ガンダムに対抗すべくジオン軍が用意した驚異のMS、それは…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
第1集が発売1週間で増刷決定するなど、反響鳴り止まぬ太田垣版「一年戦争」。独自のリアリズムで切り取った胸に迫る戦争描写に留まらず、それを表現するに相応しい描き方にも挑戦し続ける太田垣先生の熱には、編集者としても毎回新鮮な驚きを感じています。第2集では、連邦/ジオンそれぞれのパイロットが重き宿命に直面し、さらに驚愕のMSが登場…! 物語は一気に加速します。もっともっと「メカ(MS)」を堪能したい……という方は、ホビージャパンより連動立体化企画をまとめたムックも発売される予定ですので、そちらも合わせて、より深くサンダーボルトの世界をお楽しみください!

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする