ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)

  • 582人登録
  • 4.24評価
    • (81)
    • (63)
    • (36)
    • (1)
    • (0)
  • 78レビュー
  • 小学館 (2013年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091853202

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 2016/06/30

    震災から数年経って改めて読むと
    やっぱり忘れてはいけない事だと改めて認識しました。

  • “必要最小限の経費をのぞく
    この本の収益と印税はすべて、
    被災した子どもたちに
    本を届ける活動を続けている
    「大震災出版復興基金」ならびに、
    岩手・宮城・福島の各県庁が運営する
    震災遺児への育英基金に
    寄付いたします。”
    という趣旨で企画・出版された本。
    紙は石巻の製紙工場で作られたものだそう。
    今日、この本の存在を知り書店へ走りました。
    マンガは登録しないことにしていたけどこれはいいかな、と。
    読んでみたら半分は知ってる話だったけどいいかな、と。

    震災から今日で4年。
    あっという間のようにも感じるけど
    被災した方々にとっては長く苦難の4年だっただろう。
    そしてまだ何にも終わっていない。
    復興が終わるのはいつだろう。

  • いつ何時、どんなことが起こるかわからない世の中。それでも、「フコーにゃ毎日あたらねぇ」と思うようにします。
    あと「ちちしりふともも」です。

  • あの3.11からの復興を願って、細野不二彦の声かけで集まった、マンガ家さんたちの短編集です。
    あのヒーローたちが、一冊に集結です。

    昔の作品を知らなくても、楽しめる1冊になっています。

  • 震災を絡めた話は「ギャラリーフェイク」「俺しかいない〜黒い波を乗り越えて〜」。震災ではないが東北が舞台のものは「銀の匙」。その他はテーマと直接関係するものでなかったのが意外だった。収録作でお気に入りは「ギャラリーフェイク」「サイボーグ009」「うしおととら」「銀の匙」。「サイボーグ009」は原作の雰囲気を壊してないのが凄い。「ギャラリーフェイク」「うしおととら」で泣いた。3作とも本編読んでみたい。「銀の匙」はオチに噴いた。方言満載でもそれほど読み辛くないのは流石だと思った。
    (収録作とその作者)
    細野不二彦「ギャラリーフェイク 特別編」
    ゆうきまさみ「究極超人あ〜る 第73話25周年記念作品」
    吉田戦車「伝染るんです。 外伝サラマンダー」
    島本和彦(原作:石ノ森章太郎、協力:石森プロ)「サイボーグ009 ヒーローズ・カムバック特別編」
    藤田和日郎「うしおととら 火炎列車『不知火』」
    高橋留美子「犬夜叉 特別編あれから」
    荒川弘「銀の匙 特別番外編」
    椎名高志「GS美神極楽大作戦!! スペシャル・リポート『ブレイク・ユア・ディスティニー』」
    かわぐちかいじ(協力:惠谷治)「俺しかいない〜黒い波を乗り越えて〜」

  • 東日本大震災支援を目的に、いろいろな作家がマンガを提供した一冊。

    地震・津波に関連した作品も多く掲載されています。

    企画が良いですね。

  • 売り上げの大半は震災の寄付に充てられるという趣旨はとてもイイ。ただ、中途半端なダイジェストになっている話も多くて、期待していたほど楽しめなかった。ただ、もう続きが書かれることはないだろうと思っていたあの作品やこの作品が帰ってきたという点ではとても貴重な一冊。

  • 企画がいい。
    物語がいい。

    自分にも出来る
    ちょっとした支援と考えてもいい。

    好きな漫画(家)が入ってるから
    でも楽しめる。

  • 東北復興支援プロジェクトの一貫として企画された読みごたえ満点の企画本。
    メッセージ性の高い作品あり、楽しみを重点においたであろう作品あり。
    『うしおととら』が一番のお目当てだったんですが、昔通りのノリと熱さと作品に込められた心に感激もひとしお。

    そして『GS美神』の懐かしくもとんでもない勢いにむちゃくちゃ笑ってしまいました。個人的には“あの”信長様のゲスト出演が嬉しすぎる!

  • 島本先生、凄すぎる・・・

  • 「捨てたもんじゃない」という斜に構えた体ではなく「日本人ていいな」くらいまで思える。この輪がもっと広がると良い。

  • コンセプトに惹かれて、読んでみました。知らない作家さんも多いなか、復興への強い意志を感じました。まだまだ継続的な支援が必要ですね。

  • やっと買いました。涙。漫画家さん達の熱い思いが胸に迫る、素晴らしい一冊でした!

  •  「東北復興支援プロジェクト」の一貫として出版されたオムニバス形式の漫画。印税はすべて寄付に充てられるとのことです。

     さて、懐かしのあのキャラクターたちが短編作品として復活!というのがコンセプト。これは単に、漫画家の皆様が復興支援のために漫画を描いた、というだけではない。「あとがき」にて細野さんが書いているのは「皆さん、驚くほどストレートにこの企画に賛同してくださって、大切なキャラクターたちを惜しげもなく活躍させてくださいました」という言葉。
     「続編は蛇足。続編はつまらない。」という意見はよく聞く。映画の「2」にガッカリさせられたことが何度あったか……。製作者からしてみても、続編を作るという行為は、かなりリスキーなものと考えられる。
     さて、そんななかで、本書に掲載された漫画家さんたちは「大切なキャラクターたちを惜しげもなく活躍」させたわけだ。ただ印税が入らないというボランティア精神以上に、本書には「想い」が詰まっているのである。


    【目次】
    [ギャラリーフェイク] 細野不二彦
    [究極超人あ~る] ゆうきまさみ
    [伝染るんです。] 吉田戦車
    [サイボーグ009] 島本和彦
    [うしおととら] 藤田和日郎
    [犬夜叉] 高橋留美子
    [銀の匙 Silver Spoon] 荒川弘
    [GS美神 極楽大作戦!!] 椎名高志
    《特別掲載》[俺しかいない~黒い波を乗り越えて~] かわぐちかいじ

  • 懐かしいヒーローたち。
    気づかないだけで、いつだって隣にいて、ぼくたちを励ましてくれている。

    だから、叶 飛鳥。そろそろ、復活しろ。
    今だから、こそ。

    そして、「銀の匙 Silver Spoon」のお父さんのオチは、ここに持ってくるのだろうか?

  • 超懐かしい。あ~るとか、GS美神とか。ていうか、たいていのマンガを知ってる自分にびっくり。そこまでマンガ読みでもないのに・・・兄がいたからか。(←人のせい)

  • 何はともかく、これは新品を買って、読まなければならない。

  • 雑誌掲載時に話題になっていたので気になっていたのだけど、1冊の本になるとは感激です。知らない作家さんがいないという豪華さ。昔読んでた作品は、彼らその後も元気でやってたんだな、よかったなーって感じです。うしとらは再開できたのが嬉しくってぐっときた。

  • 話題の本。実は結構読んだことない原作もあって微妙にネタ通じないところもありましたが、安心して読める感じ。

  • 何という豪華絢爛!
    小学館の誇る偉大な漫画家の先生たちによる、それぞれの「帰ってきたヒーロー」たち。
    どの漫画も最高にアツかったけど、個人的には島本先生によるサイボーグ009がなんとも……。
    ただのチャリティー本? そんなはずがない!
    作家先生たちの震災復興、そして漫画への想いがひしひしと伝わってくる名コンピレーションが実現したと思います!!
    必読です!!

  • これはこの本を出すことになった経緯と意味だけで、
    星5つの価値があると思ったよ。

    敬愛する吉田戦車先生の作品と、
    いわゆる少年漫画の中で一番好きな「うしおととら」の短編が
    1冊で読めるなんて!と表紙だけで感動して即買い。

    読んだことのない作品も多かったけど、
    これをきっかけに読んでみようかなと思ったものもあるし、
    ウルっとくるのもあったり…

    まぁつまりアレだ、サラマンダーーーーーー!!!!

  • 2013 5/30読了。Amazonで購入。
    東日本大震災を機に小学館の作家陣がやっていた昔の連載キャラ復活企画が単行本化したもの。
    主にゆうきまさみと藤田和日郎めあてで買って、でも他のもだいたい読んでしまった。

    うしとらがどうしても序盤、説明的にならないとなのは仕方ないとして・・・いやその説明っぽさもむしろなんか懐かしい・・・「とらはふつう~」とかアツイ。あの注意書きナツイ。
    とかはさておき、直球で震災扱う系の話が最初と最後に、あとは明らかに意識している話、意識しているかもな話もあればまるで意識してなさそうな話もありだけど、うん、でもどれも良かった。

  • 島本和彦の009が読めると言うので買いました。そしたら、美神さんに再開できたり、うしおととらは相変わらず面白いし、満足度高かったです。

    定価が905円とちょっと高いけど、経費を除く収益と印税は3・11の復興支援団体へ寄付されるそうなので問題なし。

  • 昔見慣れた彼らと再会したら訳もなくじーんときてしまった。

    すべての作品を読んでたわけじゃないけど、初めて読んでも面白かったし読んでた作品ならなおさら。改めてずっと一線で活躍してきた作家さん達の底力を見た。

    震災に話を絡めつつもフジタはいつも通りのフジタでニンマリ。
    あ〜るは実は読んだことないのだが、すごい安心感のある話運び。
    サインのとこの椎茸さんがかっこよすぐる…
    島本さんはほんと上手い。サインの二人には愛を感じる。
    一番懐かしかったのがとら!やっぱとらはいいなぁ。
    あの暴走機関車はトーマスなのかなw
    犬夜叉は最後まで読んでなかったので完全にいろいろネタバレ!
    でもさすが。
    銀の匙番外編。北海道開拓団は福島の方々も多いのだね。
    そして逆メガネ効果!wでも眼光鋭いトクさんも好きです。
    美神さんはねー、なっっっんも変わってなかった。友達の少ない小学生時代に読んでた時はおキヌちゃんが大好きでした。
    あんな幽霊ならばっちこいと思ってたよ。
    かわぐちかいじの作品はこの本の締め、って感じでバシっとかためてくれてます。


    戻ってきてくれてありがとうヒーロー。
    私たちの故郷もどうか平安を取り戻せますように。

全78件中 1 - 25件を表示

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)に関連する談話室の質問

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)に関連するまとめ

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする