ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)

  • 31人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 岡仁志太郎
  • 小学館 (2013年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091854100

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
卯月 妙子
松浦 だるま
売野 機子
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 総合格闘技見習い・恋には控え目である主人公と、学校では地味で気味が悪い女、その真相は「犯され屋」と見せかけてラブホテルという異質な空間で女王と化するグラップラー兼超ドS女との出会い。
    主人公が幼馴染に失恋するところから始まるが、そこから心を蝕まれながらも吹っ切れていき、「好き」という気持ちを素直に伝えるまでの物語。ベッド上でのバトルは緊張感に満ちているが、物語自体は至ってスロー。思春期の少年少女の複雑かつ絶妙な心をちりばめて集結したような漫画。

  • 今イチ自分に自信を持てない主人公が、
    周囲から浮いてる女子に恋をして、
    それが実は結構なクセモノでさらに振りまわされる…。

    大瑛ユキオさんの『ケンガイ』とパターンは似てるけど、
    こちらはまだ多少なりとも主人公に「力」があって、
    ヒロインともつながりそうな余地があるだけマシかな?
    でもやっぱりいろいろ「痛い」ことには違いないんだけど(^^;。
    このふたりの「勝負」はどうなっていくんでしょうか。

    しかし、両作品ともそうだけど、
    こういう主人公にはいい味の脇キャラクターがいるなぁw。

  • 大蔵センパイかっこいい!理想の強い男のイメージ。

全3件中 1 - 3件を表示

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)の作品紹介

全ドM男子に捧ぐ…痛々し過ぎる青春劇!!

恋した彼女は「犯され屋」だった――


童貞真っ盛りの橋本純平は、幼なじみの楓に振られ、
クラスのいじめられっ子・万別に恋をする。

彼女を守るため強くなろうと格闘技ジムに通う純平だったが、
万別には隠された裏の顔があり……!?


敵前逃亡、危機回避。
傷つく前に逃げ出している、すべての男の子たちへ。

あなたの自尊心、さあ、丸裸にして差し上げます。

【編集担当からのおすすめ情報】
小学館新人コミック大賞出身の新鋭・岡仁志太郎氏初単行本!

初連載作にして、連載開始とともにネット等で大反響を巻き起こした本作。
読めばヒリヒリとどこかが痛み出す、ドM男子必読の一冊です。

最強にして最狂のヒロイン・万別に、どうぞあなたも絞め落とされてくださいませ。

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ヒガンバナの女王 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする