重版出来! 2 (ビッグコミックス)

  • 1029人登録
  • 4.05評価
    • (105)
    • (171)
    • (73)
    • (5)
    • (1)
  • 90レビュー
著者 : 松田奈緒子
  • 小学館 (2013年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091854162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

重版出来! 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 落ち込んで漫画が描けなくなる作家と、何とかして描いてもらいたい編集さんの構図なんですが、「売るため」=「読者のため」に小熊・黒沢が頑張る姿に好感。

    製版所の人たちのお仕事の様子は、どの辺が大変なのかはわからないけど、なんだか大変らしいってことはわかりました(笑)達成感があると仕事もやる気がでるのは同感です。

    アニメ化までした人気作を持っていたのに描けなくなった漫画家と、その作品を電子書籍化する話が出たことでようやく向き合えた娘の話が読んでて辛かった。娘のアユちゃん、また登場してくれるかなぁ。

  • 重版出来!正しく読める方は出版関係者かこの漫画を読んだ人だけでしょうね(笑)
    仕事のリサーチで知った漫画。業界の裏側を描いたお仕事漫画は面白くて当然!なのです。ただ、この作品は仕事をする上での心意気や
    ジンクスなど『そうそう!』ってなったり、『やりすぎだろ~』ってなったり共感ポイントが強いです。
    あんまり現実とかけ離れたスーパーマンが描かれないので、そこも理由かな。

    真面目に仕事してる人は電車で読むと泣いちゃうかもですよー。

    ちなみに、なんて読むかは買って確認を~

  • 1巻よりは面白かった。

  • 胸がじんわり熱くなって、ほろり泣きたくなる。
    なんだろう、このノスタルジック感。
    たまらんなぁ〜〜。

  • 1巻よりダンゼン面白い!
    ヒロインはいまいち人間味が薄いというか主役感が薄いというか…編集はあくまで裏方ということか!小熊ちゃんがんばれ!

  • 「タイムマシンにお願い」もすごくよかったんだけど、個人的には「シンデレラの夜」が地味によかった。なんか普通にというか、リアルにいい話。いいねぇ、きっとあの二人は幸せになれるね。

  •  時とともに変化するなにかにどこまでついていけるか。編集という他人がいるからこそ助かる瀬もあることがしっかり描かれていました。

     淀まずどこまでいけるか。どの仕事にも共通することですが、孤独に悩むことは時に辛い出来事を生むことになりやすいです。漫画家には企業から任されている編集がいることによってそれが負担になることもあれば、新たな道をつけてくれる手助けになることもある。特に今回は編集が様々なコミュニケーションをとることで電子化や読者の声など作者にとってプラスになる変化をもたらすことができました。この第二巻は何事も思考を停止させ、淀ませたらいいことがないをしっかり伝えている巻だと思いました。

     しかし、一方で未だ結果的に編集がいたからここまで出来たという良い結果しか描けてないのが今作品のもったいないところだと思っています。出版業界多くの漫画家がいて、そのタイプは様々。中には編集を寄せ付けない人や自ら営業を買って出る漫画家もいるからこそ、編集がもたらす結果が必ずしも是ではないことをどこかで表現して欲しいです。どこかでそれをやらない限り編集礼賛をしているよう偏って見えます。ただ、出版業界及びそれを売る小売業界のチームワークの良い所を見せるだけでは絶対に勿体ない。編集者もデザイナーも作者も小売店もどこかで欠点や悪しき風習や変えたい現状があるはず。そういった部分を3巻で見てみたいです。今回のWeb電子の部分ではそこらへんが見え隠れしていましたが、はてさて続きはどうなるか。読者としては期待して待つしかないですね。

  • 心ちゃんの「小熊」化が著しいですね(笑)大食漢な先輩編集者、壬生さんとラーメンがっついてる場面が微笑ましいです。
    2巻目は、マンガ家の内面を深くえぐったエピソードが多かった。「描く」側の苦悩、見守る辛さ。どこかちょっとビターな着地が、リアルゆえ切ない。特に「忘れられたマンガ家」となりつつあった往年の人気ギャグマンガ家・牛露田のアル中状態の現在、夢見ることを否定するアダルトチルドレン状態の中学生の娘。小熊ちゃんの努力で、少しずつ心を開いていく娘だったけど…作品の電子書籍化に応じた牛露田が前向きに歩み始めていく過程を…どう捉えたらよいか自分でもよくわからず、やるせなかったなぁ。このエピソードは深くじわじわ沁みてくる。
    今回は電子書籍の担当者も登場するが、正直、私自身「電子書籍」にあまりいい印象はなかった。紙媒体のライバルと一方的に決めつけていたところはあったが、絶版となった作品は勿論、「星の数ほどある名作たちと出会う扉となる」というセリフには深く納得させられた。
    作中マンガのロゴデザインも装丁担当のデザイナーさんがやってくれるようになったらしいが、やっぱかっこよいですね♪この作中マンガも(今回は『ツノひめさま』『タイムマシンにお願い』)実在したら読んでみたい…と思うよ。
    小熊ちゃんの打たれ強さ、天真爛漫さ、情の厚さ、大好きです。仕事のしんどさに凹んでたときに読んで、だいぶ勇気付けられました。「出版界」をテーマにしてるけれど、「人間ドラマ」としても秀逸だなと心から思える作品、今後も楽しみ!!

  • 製本会社、SNS,電子書籍・・・そして家族。
    コミック1つに絡む人間模様はどんどん広がっていく。
    笑いの中にも真剣アリで、
    生きたセリフがばんばん飛び交っているのが良い。
    アユちゃんがどうなるのか、
    3巻出るのが待ち遠しいです。

  • 本は作家だけでは作れない。
    週刊「バイブス」の編集者、黒沢 心(通称、子熊)。

    彼女のひたむきな、本にかける思いが奇跡を生む。
    まったりした絵柄も好きです。

    第2巻のスタート。



  • 編集者と漫画家のバトルとも言える関係が小熊・心にも圧し掛かる。持ち前の超ポジティブな思考と行動力で乗り切る姿が、読んでいて嬉しくなる。高畑一寸の原稿入稿でホロリ。牛露田獏の絶版漫画を電子と映画で蘇らせる話では、生保受給の元漫画家と荒んでしまった一人娘の姿を描き、現実の厳しさを感じた。牛露田はこのまま失踪してしまうの? 私自身は本は小説でも漫画でも「紙」で読みたいが、心のようなデジタルネイティヴ世代には電子書籍というメディア戦略は必須だろう。紙と電子がうまく共存できるといいな。

  • あー、ドラマ見る前に「タイムマシンにお願い」の結末読んじゃった。でも、ドラマ楽しみだな。
    「シンデレラの夜」が好きだった。
    遥さんの仕事をちゃんと尊敬して理解してくれる潤一さん、素敵だな。
    そして、泣きながら「結婚してくださいー」ってプロポーズしちゃう遥さんが可愛い。
    素敵なカップルだな。

  • 自分はきったねえチャリンコだと思ってたら、ジェットだったんだよ、みんなを乗せて飛べるんだ。

  • 売れた漫画家でも、それを維持していくのは厳しい。
    売れたからこそ厳しい。
    華やかな世界であれば、その分、より舞台裏は厳しい。

  • 泣いた。編集も営業も難しいけど楽しい。どちらも知ってることが必要だよなー。

  • もう、その一本道しか見えないんです。

  • 作家さんが作品を生み出すことの大変さ、それに寄り添う編集者の姿、とても素敵だなと思いました。
    出版業界に限らず、働く人々全てに当てはまる名言がたくさんありました。

  • 女性からのプロポーズ❕ステキ。
    からの、いないかねぇいい女w

    あとドラマは上手に脚色してるね〜〜ちとだけ原作と違うのも粋な演出っすね〜

  • 彼女の行動に振り回される漫画家さんの話がとてもリアルで面白かった。
    壬生さんの話で、読者の声は漫画家さんにとってはとても大切なんだなぁと思い知らされた。
    紙か電子かといわれれば迷わず紙の本を選ぶので、和田さんの「そうはさせねぇから。」はなんだか嬉しい。

  • アシスタントの面倒見がいい
    看板作家・三倉山を演じた小日向文代さん。
    NHK漫勉でみた藤田和日郎先生を思い出した。
    TVのキャスティングは
    黒木華以外は抜群でした。

  • アオリは編集者の作者へのメッセージでもある

    生活保護
    ナマポ

  • 牛露田さんの話がよかった。

  • 電子書籍は昔ほど抵抗なくなってきたけど、やっぱり紙が好き。どっちにもいい所はあるんだよなあ。

  • 面白かった。話を形にして雑誌にしていく課程に色々な人が関わっていて、色んな思いが集まってやっとひとつの形になっていく…。
    心ちゃん、ほんと良い!
    アオリの役目。初めて知った。

    次の巻も楽しみ。

  • 2巻目もTSUTAYAでレンタル。時代と共にいろんなことが変わっていくんだなぁと。本もどんどんデジタル化していくのかな。電子書籍の漫画も作中にも出てきてましたが、本当に紙の本と比べて遜色なく読める時代なんですね。でも、私はまだまだ紙で本を大切に読みたいなぁ。

全90件中 1 - 25件を表示

重版出来! 2 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

重版出来! 2 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

重版出来! 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

重版出来! 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

重版出来! 2 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

重版出来! 2 (ビッグコミックス)の作品紹介

今年の話題騒然作、出版業界チーム戦記!!

編集者から書店員までのチーム戦!!

新米編集者が味わう漫画リアル奮闘記。
チームで漫画を仕掛ける戦略、矜持、涙。興奮。
本気の醍醐味、極上の元気をあなたへ贈ります!!

【編集担当からのおすすめ情報】
このマンガの舞台は週刊マンガ誌の編集部ですが、
出版業界の方々だけではなく
どんなお仕事の方でも「自分の仕事を考えさせられる漫画だ」と
いう感想を多々いただいています。
就活生、新入社員の方々にもぜひ読んでいただきたいマンガです。

重版出来! 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする