クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)

  • 34人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 三上達矢
制作 : 貴志 祐介 
  • 小学館 (2013年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091854896

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

貴志祐介原作のサバイバルサスペンス!!

目覚めた男がいた場所は、地球のものとは思えない深紅色に染め上げられた謎の大地だった。

所持品も何もない状態で、手には側に置かれていた携帯ゲーム機のみ。
電源を入れると、その画面に映し出されたメッセージは、「火星の迷宮へようこそ」

携帯ゲーム機導くこのゼロサムゲームは、参加者9人を凄惨な世界へといざなうことに…!

TVドラマ、アニメ、映画と増殖する貴志祐介の世界。
その傑作小説に、『極道一直線』『鬼龍院冴子探偵事務所』を描いてきた三上達矢が可能な限り原作に忠実なコミカライズに挑む!!

【編集担当からのおすすめ情報】
『極道一直線』『鬼龍院冴子探偵事務所』とギャグを描き続けてきた奇才・三上龍哉氏が、三上達矢と名を変えて挑む驚愕サスペンスです。

持っていたシニカルさはそのまま恐怖へとシフトチェンジした意欲作ですが、それもそのはずで、『鬼龍院冴子探偵事務所』の連載を終えた時に「貴志祐介さんの『クリムゾンの迷宮』に挑戦したい」と本人からの提案で始まった、このコミカライズです。

日本を代表する傑作サスペンスをゼヒ漫画で読んでみてください。

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

クリムゾンの迷宮 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする