おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)

  • 981人登録
  • 3.92評価
    • (74)
    • (90)
    • (61)
    • (10)
    • (4)
  • 75レビュー
著者 : 秀良子
  • 小学館 (2013年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855275

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ブクブクでいただいた一冊。

    各地の朝ごはんを“自腹”で回ったエッセイ漫画、でしょうか。

    パリから始まり、、京都、築地、沖縄、千葉、
    名古屋、東京(パン)、赤坂、そしてハワイ。

    ハワイはご褒美として自腹では無かったようですが、、
    共通しているのは、どれもとても美味しそう、とのこと。

    それだけにそれなりのお値段でもあるのですが、
    是非一度試してみたいと思うような、、そんなメニューが多彩です。

    ご飯は、誰かと食べるからおいしいのかなと、そんな風にも。

    上述の地名のどこかにピン!とこられた方は、是非。
    私は、京都、築地、沖縄、名古屋、ハワイに、、惹かれました。

  • うまそう!
    載ってるお店行ってみたい
    おフランスとかヨーロッパ系はやはり牛乳とか玉子とかパンとかチーズとか本場で日本とは違いそうだな食べたいな~
    発祥のマカロンは日本でよく見るのとは違うってテレビでやってたので買い忘れられたのは残念w
    あと載ってないけどモンサンミッシェルのふわふわオムレツとか食べに行きたい~
    パン屋めぐりとか名古屋モーニングめぐりとかいいな

    自腹は大変だと思うけどまた続編でいろいろ食べに行ってほしいw

  • 引きこもりの駆け出し貧乏漫画家が自腹で色々な朝食を食べるというWeb漫画。

    発売告知で気になり期待して読んではみたものの…(Web連載時は未読)
    パリや京都の料亭等、場所・食べる物のチョイスは良いのだけれどイマイチ自腹で食べている事に対しての切実さというか真剣みが感じられず単なるグルメレポートにしか見えないのが惜しい。

    例えば「この料理は一皿\○○だから…一口が\○○!!」とか「この一品で今月は…」的な描写があっても良かった筈。

    結局、この単行本一冊分で連載終了。
    設定は良かっただけにそれを生かしきれなかったのは残念。

  • 外食系グルメエッセイなんだけど作者のキャラクターがすっとぼけてて面白い。すごいお米の味!とかすごい卵の味!とか語彙の退化した褒め言葉が、逆に良く美味しさを伝えてくるのと、人こもり気味でマイペースな作者のキャラで、なんとなく一緒にニコニコしながらご飯食べてる気分になれる。
    特に気になるのは千葉編と京都編。
    続き描けそうだけどなー、描いてくれないかな。

  • 朝食の為に(自腹で)パリへ…!テーマと内容は楽しかったけど、自腹はちょっとかわいそうに…;絵柄と雰囲気が良くて、もうちょっと読みたいですが、その時は自腹でないといいな…

  • 絵がとっても好き。どれも美味しそうで面白い。
    続編を望みます。2015/06/09

  • 本屋でジャケ買い。当り♪ 「もう1冊マンガを買いたい~。何か食べてて面白い奴~」てな欲望を充たしてくれました。

  • 朝ごはんを求めて、自腹で旅をするエッセイ漫画。

    すでに自腹という時点で悲しい気分が漂います。
    初っ端はパリ。
    何故国外…むしろ、パスポート持ってなかったら
    3カ月待ちの企画場所(笑)
    友人様がレポートしてくださった生クリームが
    非常に気になる所です。

    一番気になるのは京都。
    何て美味しそうなのでしょう。
    米味なおかゆ…すごく気になります!
    時点でで気になるのは千葉。
    しかし…この量は食べきれないかと思われます。

    お疲れ様なのはハワイ。
    カラーって…そんな理由でカラーだったとは…w
    しかし本屋がないって致命的です。
    生きていられません。
    が、自分で営業するのは思い付かなかった!!

    どれもこれも美味しそうで、腹がたちます。
    けして空腹時にはみてはいけない内容です。

  • ネットで試し読みをしてから続きが読みたくて、即購入。旅に出た先での朝ごはんや喫茶店での朝ごはんにすごく憧れを感じた。近場のホテルで朝ごはんだけ食べるっていうのをやってみたい・・・

  • 秀良子さんの描くいけめんに惹かれて手に取った一冊。
    国内・海外のおいしい朝ごはんを自腹で(!)食べに行くという趣旨のエッセイです。

    ご本人があんまり詳しくないということで(どこまで事実なのかは別として)おしゃれ~グルメ~…って感じの気取ったところがないのが心地よかった。
    私自身はほんと出不精なのだけれど、読んでいたら早起きして外でおいしいもの食べるっていいなぁと思いました。紹介されたお店すべて、できれば行ってみたいくらい。

    お友達の漫画家ヤマシタトモコさんも登場。どちらの作家さんも好きなので、余計に幸せな作品でした。

  • あちこちの「朝食」を食べ歩くエッセイマンガ。なんというか、間がおもしろくて、笑いました。美味しそう、楽しそう。いただき本ですが、ハマりました!

  • この本大好きです!
    旅と食事と秀さんが好きなら心をつかまれる本

    どどん!とし過ぎない秀さんのやんわりとしたタッチで
    心地よく旅と食べ物を楽しめる読む人の心を柔らかくさらってくれそうな
    そんな本でした!

    大好き!

  • 食べ物が美味しそうだし、作家さんのことも知れてよかった

  • 秀先生がかわいい。
    ほっかむりがかわいい。
    そしてちょっとおどおどしてるのもかわいい。

    食べることが大好き!ってわけでもないけど、でも一つ一つの朝食に感動しておいしい!!って気持ちがすごく伝わってくるので、どのお店も興味が出てくるしすごく行きたくなる!!

  • さらっと読めて楽しい( ´ ▽ ` )ノ どこかの店に食べに行きたいな〜(^∇^)

  • 秀先生大好きですが、途中で読むのやめました。

    情報がめっちゃ詰め込まれてるのと
    コマが細かいので…すみません。
    時間があるときに、じっくりと読むのがいいかも。

  • とりあえず紹介されているところでごはん食べに行きたい。

  • (2016/6/17読了)
    漫画だからね、すぐ読めちゃう。
    これは、確か、鴨川食堂か益田ミリさんの本を読んでいた時に、何かの話から、読書好きな娘が自分の本を「面白いから」と貸してくれた本。すぐに返せなくても「いいよ」ってことだったので、しばらく積読してました。
    秀良子さんってどんな人?多分女性。アニヲタでもある娘はどうやら三浦しをんさんばりにBLが好きみたいだから、そういう本も書いてるのかも。
    でもこれはエッセイ的なもので、主人公はもちろん秀良子さん。自分のことを、面白い形のお人形みたいに書いている。他の登場人物も背景も、自分の腕では無理と思われるものは、適当だったり顔を豆に変えたりしていて、すごく素直で面白い。
    取り上げられているお店も、どれも美味しそうで、いけそうなところはチェックしておきました。

    (内容)
    絶品朝ごはんを食べに旅に出よう。
    締切に追われ、まともな食事は打ち合わせのついで……。
    そんな食生活底辺の漫画家が自腹をきって挑む、
    絶品朝ごはんをめぐる旅エッセイ!
    高級料亭のおかゆ、ふわふわパンケーキ、築地の食堂に、
    ハワイの朝市……
    おいしい朝ごはんには無限のときめきがつまってる。
    スピリッツ発のWEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」の
    人気連載が待望の単行本化!
    掲載時、大きな反響を呼んだ「ハワイ編」もフルカラーで収録!
    読んだらあなたも朝ごはんを食べに旅に出たくなるはず。

  • 表紙詐欺とも言える可愛らしい感じの中身で、秀さんのことを好きになっちゃいます。ご飯も美味しそう。エッセイ苦手なのに面白かった。

  • 面白かった。ご飯がどれも気になる。とても美味しそう。
    百姓屋敷の御膳はすごく気になった。あとピーナッツソフトクリーム食べたい。

  • 最近流行りのグルメ漫画。作者が食べ歩くエッセイタイプの漫画。とてもとてもツボでした。キャラクターの造形、特に作者のまっくろくろすけに体と手足が生えたような得体の知れない感じ。不健康な感じが出ててなんとも言えない愛らしさにほっこり。

  • 国内から海外まで広い範囲での
    朝食の取材&レポートが読めます。
    食レポがガッツいて無くて良い!
    朝食マンガらしく緩やかな雰囲気で
    まとめられており、美味しい読書が楽しめました。

  • イラストが好みだったのと食エッセイと言うことで購入しました。
    パリにハワイに京都に東京に、と場所の幅が広いです。
    特にパリのルーブル美術館にカフェがあるとは知らなかったので行く機会があった時にはそこにも行きたいと思います。

    私は休日は朝食を食べないときが多いのですが早く起きて朝食を食べに行きたくなります。
    ただ自腹は可哀想・・・

  • 面白い。続巻を望みます。

全75件中 1 - 25件を表示

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)の作品紹介

絶品朝ごはんを食べに旅に出よう。

締切に追われ、まともな食事は打ち合わせのついで……。
そんな食生活底辺の漫画家が自腹をきって挑む、
絶品朝ごはんをめぐる旅エッセイ!

高級料亭のおかゆ、ふわふわパンケーキ、築地の食堂に、
ハワイの朝市……
おいしい朝ごはんには無限のときめきがつまってる。

スピリッツ発のWEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」の
人気連載が待望の単行本化!

掲載時、大きな反響を呼んだ「ハワイ編」もフルカラーで収録!

読んだらあなたも朝ごはんを食べに旅に出たくなるはず。



【編集担当からのおすすめ情報】
期待の新鋭・秀良子の初一般作&初エッセイ!

「やわらかスピリッツ」連載中は更新されるやいなやすぐさまランキングトップに躍り出る人気連載!コメント数もサイト中ナンバー1!!そんな本作が超待望の単行本化!!!

おいしそうな朝ごはんや旅先の風景ももちろんですが、
なんといっても作中の著者の姿にもご注目!
自画像がなんだかおかしくてとても不思議。でもすごく癒やされる!

取材地もパリ、ハワイ、京都、沖縄と女子ならば憧れる旅先ばかり。
もちろん男性におすすめしたい築地の食堂や、千葉のソーセージ工房なども収録。
どんな人でもお腹の空く一冊となっております。
旅のおともにガイド本より、この一冊を!!



おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする