20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

  • 3433人登録
  • 3.75評価
    • (595)
    • (420)
    • (1039)
    • (35)
    • (6)
  • 466レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2000年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855312

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初は面白い~!
    と思ってどんどん読んでました。
    スピード感あり。謎あり。
    どうなるのか先が知りたくてたまらない~。
    特に「ともだち」の正体が誰だか分かるまでは・・・。
    その後からはどんどん先細りしていったように思います。
    ラストもよく分からないまま・・・。
    ケンジもわけの分からないキャラになってしまって何だかな~という感じ。

    何巻だか、思いもつかないような仕掛けがあり、ビックリしました。
    あれは借りて読んだり、古本屋で買ったら知らないままになってしまうのかも。

  • 毎度の事ながら浦沢直樹の序盤の読者を引き込む力に魅了され、それと共に、終盤の大風呂敷を畳む際に露呈される、収拾能力の無さに失望する。

  • 父の漫画を一気読み。
    面白くて慌てて読んでしまったので、もっとじっくり読んでれば更に面白かったんだろうな、とちょっと後悔。
    途中同じような繰り返しで中だるみした感は拭えないし、広げすぎた風呂敷をしまいきれなかったのも確かにあるけど、これだけの長期連載、ちゃんとした「最終回」ができたら、上出来なんじゃないでしょうか。
    あと、やっぱり絵がすごい。女性の絵が「これダレー?」になりがちなのは置いといて、表現力が高い。さすがです。

  • 壮大な風呂敷を畳み切らないので、そういやアレってなんだったんだ?と思う所も多々あるのだけど、読んだ時はめちゃくちゃワクワクしたからもういいやと思う。実写版の人物の再現率凄かったよね。

  • うまいなぁ、とシミジミ思う漫画。
    話の展開がすばらしい。
    やっぱりロックでラブ&ピースじゃないと。

  • 1970年頃に少年時代を送ったケンヂたちの荒唐無稽な空想が、20世紀も終わりに近い1997年に、しだいに現実のものになっていくというストーリー。第1巻では、敷島教授の失踪とドンキー飛び降り自殺がきっかけで、ケンヂが“ともだち”のマークに導かれて駆け回るところまでが描かれます。

    ストーリーそのものはともかく、ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」に熱中し、夜更かしして人類初の月面着陸のニュースを報じるテレビにかじりつき、日活ロマン・ポルノの団地妻シリーズのポスターに興奮し……といった1970年代のディテールに、興味を覚えました。

  • 映画版だと省略せざるを得なかったと思われる個所がちょこちょこ異なっている。音楽の部分は映画版をイメージしながら。

  •  

  • こどものころ、ゆめみた せいぎのみかた。
    まさかこんな形で、現実になるなんて。

    浦沢さんの描く人間は、弱い。
    逃げ出すし、泣くときもある。
    立ち向かうときだって、震えてしまう。
    そのゆるぎが、人間らしさなんだと思う。
    素晴らしい。

  • 面白い!ここまで最初からサスペンスフルな展開をしていくのは意外だった!でも漫勉を見ていて浦沢さんやっぱり感じ良いと思うと、あまり得意じゃなかった絵も受け入れられるようになるから、ぼくも適当だなぁ・・・。

全466件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)に関連するまとめ

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする