20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)

  • 1244人登録
  • 3.51評価
    • (87)
    • (75)
    • (312)
    • (4)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855336

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケンヂは“ともだち”のコンサートに乗り込みますが、そこでカンナの父親が“ともだち”だという衝撃の事実を知らされることになります。そして、サンフランシスコ、ロンドンに続いて大阪に細菌兵器がバラまかれ、さらに空港の爆破と、幼い頃のケンヂの予言はことごとく現実のものになっていきます。

    一方、ケンヂの経営するコンビニに“ともだち”の信者が押し寄せてきて、カンナを奪い取ろうとします。ケンヂはカンナを守り抜きますが、コンビニに火を放たれて、ケンヂは家を失ってしまいます。後日、ケンヂは焼け跡になった自分の家から、子どもの頃に書いた「よげんの書」を見つけ出します。

    “ともだち”の正体はオッチョか、サダキヨか、それとも他の誰かなのか。「運命の子」カンナは物語にどのように関わってくるのか。ストーリーのゆくえがますます気になります。ただ、あまり昭和期のディテールに凝った部分はないのが、個人的にはやや残念です。

  • ケンヂがギターを弾いている場面の勢い! 他のメンバーを誘うのを躊躇するケンヂの優しさ。

  • ギター弾くところとか少しカッコつけすぎな感じもするけど、世界を救う話になっていくとすれば、胸が熱くなるものがある!そんで「ともだち」にハマってる連中の顔の描き方上手いなー!ほんとハマってそうに見える!

  • 次はどこだっけ?

  • ケンヂの仲間は簡単には集まらなかったんだ。人生で背負うものが重いと思い切るのは難しいってこと。ケンヂだけが〝ともだち〟に立ち向かう決意をするのが格好良い。オッチョも登場だ。

  • 地球を救う決意をしたケンヂ。
     
    ともだちコンサートでの、ともだちとの接触。
    ハットリくんのお面が不気味・・・
     
    同級生にともだち。
    同窓会に参加してたなかにもともだちはいた?
     
    「愛・ロック・友ッ!」

  • ラストのコマでなぜか鳥肌が立ちました。

  • 726.1 ウ (3) 登録番号8600
    ギターを持った英雄
    N先生寄贈

  • 「ともだち」の組織から逃げてきた男は、ケンヂに「世界を救え」と言い残して死んだ。突然のことに悩むケンヂ。そんな時、「ともだち」主催のコンサートがあることを知り、それに参加することにする。そこについにともだちが現れて…。

    ついにともだちと対面するケンヂ。数多くの謎は残っているが、どうやらともだちの正体はケンヂの同級生らしいです。果たして…。

  • 3巻。

全35件中 1 - 10件を表示

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする