20世紀少年―本格科学冒険漫画 (9) (ビッグコミックス)

  • 1147人登録
  • 3.53評価
    • (80)
    • (68)
    • (279)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2002年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855398

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (9) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “ともだち”の顔を見た響子は、そこで意識を失ってしまいます。

    一方カンナは、カジノを仕切る中国マフィアとタイ・マフィアを見方につけるため、ラビット・ナボコフで大勝負をかけていました。彼女のために集まったマフィアとホームレスの集会に紛れ込んでいたホクロの警官は、カンナに向けて銃を発砲しますが、そこにオッチョが駆け付け、カンナは辛うじて命を取りとめます。

    あいかわらず、ストーリーを盛り上げるのが上手いなと感じます。場面の転換が効果的に用いられていて、続きが気になってしまいます。

  • 小泉、天然で行動してしっかり役割を果たす。実写版の木南晴夏はぴったり。ともだちの顔を見ちゃってるのかどうか。「忘れる力」は大事。後半の救世主のくだりはさすが。

  • 引っ張るなぁ・・・ww続き気になるけど、引っ張り方が古臭いような気がするのと、展開を盛り上げ過ぎなような気もする。個人的にリアルな造形のキャラクターが魅力的で、カンナって浮いちゃって見えるかも。

  • 本気で勝負すると 何かが決壊する

  • ヨシツネがぎりぎりのところで小泉響子を救った。カンナは持ち前の力でマフィアを束ねて法王暗殺を阻止しようとする。オッチョ・ユキジもこの動線に加わり「しんよげんの書」の暗示する未来へ向かう。巻数からするとまだ序盤で、この引っ張りはすごい。

  • ハットリくんのお面の下は、サダキヨ?
     
    ともだちワールドでそれを見せたからって一体何になるのかって疑問。
    洗脳されない者には、恐怖で押さえつけ、それでもダメなら絶交ってことか。
     
    タイ、中国マフィアをまとめようとするカンナ。
     
    ステンドグラスを割って登場するオッチョは名シーン!

  • お面の下の顔が怖すぎです。

  • 726.1 ウ (9) 登録番号8606
    ラビット・ナボコフ
    N先生寄贈

  • スイマセンm(_ _"m)ペコリ
    「ざわ…ざわ…」に今頃気付きましたw

  • ともだちランドのボーナスステージで、ケンヂたちの少年時代のバーチャルリアリティ世界に入り込んだ小泉響子。ヨシツネからそこで何が起きるのかを調べてきて欲しいと頼まれ、バーチャルリアリティの世界でケンヂらと行動を共にした末、ついにともだちの正体にたどりつくが、その顔は…!?

    この巻で「しんよげんの書」が登場します。はたしてそこには何が!!?

全29件中 1 - 10件を表示

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (9) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (9) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (9) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする