ラーメン発見伝 4 (ビッグコミックス)

  • 32人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 久部緑郎
制作 : 河合 単 
  • 小学館 (2001年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091856142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラーメン発見伝 4 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 加水率をいじり、麺ののびやすさを調整する話。「ラーメン店なら把握してるでしょ、ふつうは!」という突っ込みをいれたくなるが、まあ面白い。加水だけじゃなく、自家製麺ならではの創意工夫があったら良かったのに。台湾の牛肉麺の話、これはやや引っ張りすぎだよね。

  • ■登場人物/藤本浩平(ダイユウ商事のサラリーマン。典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。社内一のラーメンフリークで、藤本の秘密を唯一知る)

    ■あらすじ/知り合いのラーメン評論家・有栖涼が推薦する『大野屋』を訪れた藤本と佐倉。ラーメンの味は評判通りだったが、突然、店にいた客のひとりが怒り出した。この店は、人気店『らあめん清流房』の完全なパクリだというのだ。藤本は冷静に反論するが、彼は怒って店を出て行く。後日、その客は自分のホームページで『大野屋』を批判し始めて…!?
    台湾での日式拉麺(=日本のラーメン)ブームを探るべく、視察のため現地に出張する藤本と佐倉。だが、偶然にも日式拉麺を修行する若者、陳凱祥の屋台を手伝うことに!! 味覚が微妙に違う台湾で、藤本たちの作るラーメンは受け入れられるのか!?

    ■その他の登場人物/四谷(ダイユウ商事営業一課の新任課長。藤本の上司。だらしないが、かなりのキレ者)、有栖涼(“ラーメン大魔神”の異名を持つラーメン評論家)、芹沢達也(「らあめん清流房」の店主。フードコーディネーターとしての一面も持つ)、小池(「ラーメンこいけ」の主人。脱サラしてラーメン店を作った苦労人)、岡田勉(人気サイト「ラーメン天国」の主宰者。「清流房」の熱烈なファン)、陳凱祥(チェン・カイシャン 「ラーメンこいけ」の新人アルバイト。ラーメン修行のため日本に来ていたが…!?)、葛西杏子(凱祥の恋人。父は台湾で日式拉麺店を成功させた元・ダイユウ商事の社員)

    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091856144/hayashwebfc2c-22" target="_blank">ラーメン発見伝 4 (4)</a></div><div class="booklog-pub">久部 緑郎, 河合 単 / 小学館(2001/04)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:145,438位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091856144/hayashwebfc2c-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4091856144/via=ramis" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全2件中 1 - 2件を表示

ラーメン発見伝 4 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ラーメン発見伝 4 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする