アイ’ムホーム (上) (Big comics special)

  • 35人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (3)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 石坂啓
  • 小学館 (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091857613

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
こうの 史代
三浦 しをん
卯月 妙子
有効な右矢印 無効な右矢印

アイ’ムホーム (上) (Big comics special)の感想・レビュー・書評

  • 失くした記憶を思い出そうと、記憶をたよりにいろいろな家へ訪れる主人公。だんだんと分かってくるのは、自分への自己嫌悪。どうしても、妻と子供の顔が思い出だせない…。
    ところどころ気になるポイントがあり、どうして?と思うと気になって先へ先へ読んでしまうおはなし。
    仮面に見えるっていうのが斬新です、結構面白かった。

  • 事故の後遺症で数年分の記憶を失った
    妻も子も、まるで他人で仮面を着けているようにしか見えない
    「アイムホーム(ただいま)」と言える場所がここではないような居辛さを感じている主人公は、手元にあった謎の鍵束を使って別れた元妻や旧友の中にある自分を探し記憶の扉を開いていく

  • 「アイムホーム」
    テレビ朝日 木曜21時
    出演:木村拓哉、上戸彩、水野美紀、田中圭、鈴木浩介
    http://www.tv-asahi.co.jp/imhome/

  • 初見。作者名で聞いたことあるなと思ってましたが、
    読後、著者近影を拝見して、失礼ながら、あ、あの朝のワイドショーのおばさんね!!と思ってしまいました。

    人間関係なんてのは、言うまでもなく日々の関係性の積み重ねなわけですが、
    当然、それが頼りとするところは記憶なわけで。

    例えば、お互いがひどく嫌な気持ちになることがあっても、
    それを双方が覚えていなければ、それはなかったことと同じだし、
    SFみたいな話だけど、もし記憶を植え付けるようなことができたとしたら、それは現実にあったとおなじこと。

全4件中 1 - 4件を表示

アイ’ムホーム (上) (Big comics special)はこんなマンガです

アイ’ムホーム (上) (Big comics special)のコミック

アイ’ムホーム (上) (Big comics special)のKindle版

ツイートする