どうらく息子 9 (ビッグコミックス)

  • 20人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 尾瀬あきら
  • 小学館 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091858580

どうらく息子 9 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 前座3年目にして決定的なしくじりをした銅ら壱。破門の危機。気持ちの弛みが引き起こすしくじり、なんか身近な経験にあるような気がして、涙腺がゆるんだ。

    銅ら美とありすの女流落語家が女流落語家として道なき道を切り開く気概を持っているのも、同性としてわくわくする。

全1件中 1 - 1件を表示

どうらく息子 9 (ビッグコミックス)の作品紹介

名作「死神」。銅ら壱の命の灯火も消滅!?

『夏子の酒』『蔵人-クロード-』など、日本酒を扱った漫画作品を描いた人気漫画家・尾瀬あきらによる意欲作もいよいよ第9集です!! 寄席で憧れた落語家・惜春亭銅楽師匠のもとに入門した惜春亭銅ら壱(せきしゅんてい・どらいち)。しくじり(失敗)を起こし、叱られ、反省し、成長しつつある前座修業ではあったが……第9集では、銅ら壱が大しくじりのために破門の危機に直面します。
噺家の腕の見せどころともいわれる「死神」が丹念に描かれているほか、「権助提灯」、「お菊の皿」などの演目が漫画で登場。落語ファンはもちろん、落語を聞いた事がない人にも落語の内容が分かると評判です。落語監修をつとめるのは今や人気落語家のひとり柳家三三師匠。巻末おまけまんがもあり、雑誌で読んでいる方にも、新しい発見のある一冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
うっかりした前座、気の利いた前座、お調子者の前座、役に立つ前座……銅ら壱にはいろいろな顔があるようです。人は他人から様々な評価をされます。好かれたり、嫌われたり、見守られたり、見捨てられたり、救いの手をさしのべられたり……銅ら壱もまた、落語界の先輩達から、見守られ、救われてきましたが、今回、よりによって師匠から見捨てられそうになります。どうなることか、注目の第9巻です。

どうらく息子 9 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

どうらく息子 9 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする