ピカロ 2 (ビッグコミックス)

  • 11人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 白瀬透
  • 小学館 (2014年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091860187

ピカロ 2 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ピカロ 2 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ピカロ 2 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピカロ 2 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピカロ 2 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピカロ 2 (ビッグコミックス)の作品紹介

待ってろピカロ。俺がお前を暴いてやる。

1984年の大阪に飛んでしまった冴えないフリーライターの安住 純は、
自分が一度は記事にしようとした昭和最大の未解決事件「オギリ・東亜事件」が開幕するまさに直前、その震源地にいることを知る。

事件の未来を知っているのは、この時代では彼ただ一人。

1984年から今に至るまで、永遠の謎となった真犯人・ピカロ。
“俺にしか暴けない世紀の大スクープが……そこにある”

事件の詳細が書かれてあるタネ本を武器に、
今まで誰も解けなかった未解決事件の真犯人を暴こうと、
安住は真犯人・ピカロに宣戦布告する!

「ノイズだらけのカセットテープ」「事件前に大阪府内で起きた郵便局強盗」「監禁時にオギリの社長が着せられていた戦前の軍用コート」「安住が飛んできた平凡な団地の一室」……これらは「オギリ・東亜事件」とどのように絡み、どのような「思惑」が込められているのか!?

幾重にも織り重なる「昭和最大の謎」を切り崩せるのか!?

そして…事件は起きる。
安住の想定外の形で。

果たして、安住のいるこの世界は一体なんなのか?

さらに加速する、日本震撼ダークミステリー!

【編集担当からのおすすめ情報】
本作で描かれる「オギリ・東亜事件」とは?

1984年3月、京都の老舗菓子メーカーであるオギリ社社長・柴田龍夫氏誘拐事件に端を発する連続企業脅迫事件。「ピカロ」と名乗る犯人グループが警察・マスコミに送り続けた不敵な挑戦状、大手食品飲料会社・計5社をターゲットにし「商品への毒物混入を示唆・脅迫する」という犯行の手口から、当時の日本国民すべてを震え上がらせ、連日マスコミを賑わせ、「劇場型犯罪」なる言葉まで生み出した。動員された警察関係者130万人、残された遺留品650点にのぼるも、犯人は一切不明。その後すべての事件は時効が成立、未解決事件となる。ピカロに奪われた金品はゼロ、死傷者はゼロ、犯行の動機すら未だわかっていない。

ピカロ 2 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする