シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 393人登録
  • 4.02評価
    • (26)
    • (46)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 伊藤悠
  • 小学館 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091861191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

  • 快楽殺人なんて殆どないのです。
    天下太平という理想のため、敵討ちのため、愛しい人を守るため。あらゆる大義名分を掲げ、感覚が麻痺するぐらい人は人を殺す。
    ユルールと共に生きたいという想いがシュトヘルの復讐の呪いを解きました。飢えたように殺戮することは無くなった。でもユルールを守るためなら、何の迷いも無く人を殺せる。
    もしユルールが誰かに殺されたら、その誰かを国を世の中を呪わずにいられるのでしょうか?
    殺し合いの連鎖を断ち切ることはできるのか…?

  • ユルールは愛情だと思うんだけれど、シュトヘルのあれは愛なんだろうか。命への執着と同等なくらいの、いっそ神に対する崇拝に近いんじゃなかろうか。ユルールを仰ぎ見て、祈るように信じてる、(盲目的に)信じてる。

  • 主にシュトヘルの因縁で一冊。そろそろ虎不足です!

  • 1〜9巻までまとめ買いしてまとめ読みしたよ。
    旅が全然目的地に進んでない!
    だいたい戻ってる!
    王道側の物語ではなく逃げてるから仕方ないけど巻き込まれ展開しかないというのがもどかしい。
    ユルールとシュトヘルは幸せになってほしいなあ。
    設定はヴェロニカが権力持ち過ぎなのが気になる。技術と寵愛があるとはいえ指揮権はないだろ。。

  • 憎悪の連鎖。

    読後、よくよく思えば大して展開が進んでいない気がした。
    が、しかし。読んでいる最中は、それが気にならないくらい読み応えがあった。

    単純に言えば面白かった。
    大局、というより内なる戦いといった感じで。

    いよいよ役者が集約されていく。
    今後の展開が楽しみだ。

  • アジアを席巻するモンゴルの嵐。
    向かうところ敵なしのモンゴルに、乾坤一擲の一撃を与えることの出来るのが、玉音同。
    ユルールは、その事実を知ってるんだっけ?

    ナランはその危険性を理解している唯一のモンゴルの人間。ヴェロニカも知っているんだっけ・
    ただ、彼女の目的は不透明なので。所属がモンゴルというだけ?

    とにかく居庸関の戦いで、事態は動くはずです。戦いの混乱の中で、玉音同を巡る個人の思惑が動き出すんでしょう。

  • 蒙古の皇子・ナランによって、玉音同の半分と共に攫われたユルール。
    シュトヘルは「人送り屋」の助けを借りて、蒙金両軍の決戦の地・居庸関を目指そうとするが…。

    ユルールがナランと居ると表情崩れるのが面白い(笑)
    普段シュトヘルの前で見せるキリッとしたクールな感じがなくなって、シュトヘルのことを聞かれて年相応な反応を返すのに思わずニヤニヤ。
    こりゃもしかしたら再会した時に二人の関係が進展するかもしれませんなぁ!

    一方シュトヘルの方は「復讐される側」になってしまったわけですが、返り討ちにせずに相手に対して「誰かに出会え」って返すなんて…!
    ユルールと出会って彼女自身がほんとに救われたんだなぁとしみじみ思いました。考え方めっちゃ変わってますよ!人生も!
    彼には生きて、シュトヘルのように生き直させてくれる人に出会ってほしかったですが…ナラン、やってくれたよ…。
    しかもこれからまたひと波乱ありそうな予感。

  • メルミの冷静な一言が面白かった。
    負の連鎖を断ち切りたいシュトヘル。

  • 戦争の話はだんだん入り組んできて良く分からなくなってきたけど、再会クルー?
    生きながら死んでいる人というのは、ある意味結構当たり前に存在しているのかも知れないのかな。
    現代篇を時々忘れかけるけど、どう、どういうふうに終わらせるんだろうか。

  • 9巻は、大人びたユルールvsナラン&トルイの思惑、悪霊と化したハラバルの動き、成長したシュトヘルのユルール奪還活動…各陣営が邂逅した時に話がどう動くのか、面白くなってきた。

    しかしこの作品、単純に玉音同の話をしている時よりも、モンゴルvs金の話をしている時の方が面白い気がする。
    玉音同にフォーカスすると、どうしても文字文化の大切さに繋がるのだけれど、結果、話が大きくなりすぎて、生々しい戦場描写や、モンゴルの政争描写から浮いてしまうように思えて、なかなか難しい。
    まぁ大ハンの謎に絡んでいるようなので、そちらに重点を置けば、あまり浮いているようには見えないかも。

    壮大な局面をどのようにまとめるか、ここからが見どころだろう。

  • 途切れない緊張に胸がばくばくするね~、嬉しいね~、もうね~、悶絶(はあと)

    物語の展開が甘くなく誰が死んでもおかしくない。戦乱を生き抜こうとする人々の必死さやエネルギー、その対極にある漫画家の冷徹な視線に、毎回、不思議なほどのカタルシスを得る。

    ああ、胸が高鳴るね!

全12件中 1 - 12件を表示

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)の作品紹介

絶望の時代に見つけた、たったひとつの光

西夏侵攻により勢いをつけた蒙古軍は
隣国・金国への攻勢を強め、
金軍首府防衛の要・居庸関に集結し始めていた。

蒙古の皇子・ナランによって
玉音同の半分と共に攫われたユルール。

シュトヘルは「人送り屋」の助けを借り
蒙金両軍の決戦の地・居庸関を
目指そうとするが・・・・・・・・・!?




【編集担当からのおすすめ情報】
ユルールと生き直すと決めたシュトヘルに
つきまとう「悪霊」としての過去。
蒙金戦争が激化する中、捕らわれたユルールを救えるのか!?

『読売新聞』『朝日新聞』ほか
各紙誌絶賛ヒストリカルコミック!!

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)はこんなマンガです

シュトヘル 9 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする