コンビニの清水 (ビッグコミックス)

  • 29人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 津村マミ
  • 小学館 (2014年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091862358

コンビニの清水 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めっちゃ面白くて、たくさん笑かしてもらえた。
    悩んでたことがどうでも良くなる。

  • やはり、
    都会のでっかい本屋さんに行くとレアな本がたくさんある笑
    しかし、
    わざわざ池袋まで出てジュンク堂やら三省堂まで行くのも億劫ですよ。。。
    近場ででかい本屋ができるわけないかぁ。。。

    一瞬では、
    どっちがおじいちゃんでおばあちゃんかわかりません!
    それだけ、
    似たもの夫婦ってことですかね笑

    つか、
    踏み台がないとレジも打てないくらい、
    ちっちゃいおじいちゃんとおばあちゃんが経営してるコンビニ「清水」
    そんな、
    おじいちゃんとおばあちゃんを見て、
    不倫カップルが人生を考え直すのが1話目。
    あり得るか?!

    なにしろ、
    怖いのが怖い顔したお客様の顔まねして接客する夫婦が怖い。
    つか、
    大元はどこのコンビニなんでしょうね?
    セブンイレブン?
    ローソン?
    ファミリーマート?
    まさかの、
    ミニストップとかサンクスだったり?!

    コンビニ以外でもハッスルする夫婦。
    坂で自転車を二人乗りする!
    しかも、
    警官の目の前でですよ!
    大胆不敵です!
    そして、
    言いまかされる警官も警官ですなぁ。。。

    そして、
    猫には優しいと思いきや、
    ただの商売上手な夫婦も怖いわぁ。。。
    商魂って。。。

    商魂が怖いって、
    カップラーメンを買うと、
    50円で夫婦がお湯を入れてくれるんです!
    ・・・。
    つか、
    お湯入れサービスって。。。
    しかも、
    50円ですよ。。。
    でも、
    みんな並んでお湯を入れてもらってるの!
    やってるところがあったら試したい!

    そんなコンビニ「清水」に新しくバイトが入ると。。。
    佐伯小春19歳。
    神経質と言われると切れる怖い子。
    つか、
    おじいちゃんにもおばあちゃんにも名前ないのに。。。
    で、
    なんだかんだで採用したんですが、
    ピンチ!
    つか、
    コンビニのレジって年齢わけしてレジ打ってると、
    と、
    あるニーチェ先生で読んだ気がするけど、
    そんな、
    めんどいことしてるの?本当に?

    ストーカー怖い!

    つかさ、
    コンビニでトイレ借りれないんですよね。。。
    なんか嫌なんですよ。。。
    嫌悪感があるのよね。。。
    なんででしょう?

    年明けとか、
    コンビニって関係あるのかな?
    変わらないんじゃないか?
    と、
    思うのは僕だけですか?

    ばあちゃんのお化粧に、
    じいちゃんのつっこみ!
    怖いわぁ。。。
    怖いのは、
    クレーマーに対抗する夫婦ですなぁ。。。
    そこまで強気に出てくるコンビニあるのなら行きたい!
    つか、
    バレンタインの回にでてくるようなオタクを見てみたい笑
    絶滅危惧種でしょう?

    卒業。。。
    死んじゃうの笑

    店でスイカわりするなし!

    おじいちゃんに、
    年齢確認する意味!
    つか、
    あの画面タッチとかめんどいよねぇ。。。
    どうにかならんのか?
    で、
    ネンカクではなく愛情確認ですとぉー!

    最終話怖いわぁ。。。

    読み切り?
    前川編集長の消息。
    つか、
    よくある話よね。。。

全2件中 1 - 2件を表示

津村マミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

コンビニの清水 (ビッグコミックス)の作品紹介

謎の老夫婦が営む24H営業コンビニ!

ビッグコミックスペリオール新人コミックオーディション受賞者、初の単行本!
不倫カップル、敬虔なお坊さん、荒んだOL、貧乳に悩む妹と巨乳好きの兄、リストラされたお父さん、化粧が濃すぎるお母さん・・・。
ハートフルでハートレスな老夫婦が切り盛りするコンビニには、
様々な人種が来店する。ここは24H営業の人間交差点――。
大笑い、苦笑い、含み笑い、泣き笑い・・・様々な笑い満載のコンビニエンスコメディです!
本誌掲載時に大反響だった読切『前川編集長の消息』も収録!!


【編集担当からのおすすめ情報】
新人ながら、なぜか老人キャラを得意とする津村マミのデビュー作単行本。オビの推薦コメントを、ラーメンズ・片桐仁氏から御寄稿頂きました!

コンビニの清水 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

コンビニの清水 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする