美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)

  • 63人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 雁屋哲
制作 : 花咲 アキラ 
  • 小学館 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091863195

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『福島の真実』の後編。様々な議論があった巻であり、一部のセリフを変更したようだ。

    取材により明らかになる『福島の真実』。山岡士郎は海原雄山の根を知り、自分自身の根を知る。それが『福島の真実』を語る意味なのだろう。

    福島第一原発事故から四年目を迎えたが、まるで事故が収束したかのように話題にならなくなって来た。そればかりか、これだけのダメージを受けても原発を再稼働しようとしている。事故は全く収束していない。続いているのだ。事故の早期収束と原発事故により多大なる被害を受けた人びとの未来を取り戻すことが先ではないだろうか。

    この巻では、ついに山岡士郎と海原雄山が和解し、未来に希望を感じた。

  • aaaa

  • 読了。福島のことは、遠い過去に感じている。メディアの情報しか、ふれてないからだろう。

  • 話題になっている『鼻血』。
    放射能との関連があるのか?
    と言うことらしいが、
    メルトダウンした原子力発電所が 
    いまだに 解決する方向性はなく
    冷却水はたまるばかりで、
    限りなく 汚染された冷却水をためるタンクを建設していかないと行けない
    という シジフォスの神話を思い浮かばせる 現実。

    五年経ったいまでも、大きな変化はない。
    地震、津波、メルトダウンした原発。
    天災であり 人災が重なった。
    それでも、ニンゲンは 生きていかなければならない。

    大地を基礎とした農業は、除染作業をくり返しても
    作物には 一定の影響を受け、農作業をしている農家も
    影響を受ける。
    吸着剤 ゼオライト、ケイ酸カリウム、塩化カリウムの使用。
    そのことで、米への影響が少なくなると言うことが、
    解明されていくだけでも重要である。
    しかし ホントにスゴイ現実が 横たわっている。

    この物語は 雄山と山岡が 和解することが、
    画期的なのかもしれない。
    モモと白磁の皿、そして、家族写真。
    父親と息子の和解。この二人が 共通の根っこをもち始めた。
    終わりであると同時に始まり。

  • 「美味しんぼ騒動」が始まる3ヶ月前に、この巻の前巻「美味しんぼ 福島の真実1」を読んだ時には、ただひたすら真面目な取材に驚くと同時に、「この料理が(放射能汚染を受けていない)最後の料理か」と思い涙を流す海原雄山に圧倒された。

    しかし、福島の真実、並びに「美味しんぼ」シリーズのクライマックスは、この後半にあったことを読んでみて初めて知った。

    それは「鼻血騒動」で全国的な論争が起きたからではない。そうではなくて、山岡と海原雄山との親子の確執が遂に本格的に終わったからである。それがどういう経緯だったかは読んでもらう他はない(もともと誤解が生んだ確執だと読者は気がついているはずなので、意外性はない)。

    海原雄山「福島はありがたい。かけがえのない妻に出会え、新しい人生を踏み出した土地だ」
    山岡「俺にとっては、父親と一緒に生き直す道を教えてくれたありがたい土地だ」

    ほとんどグランドフィナーレである。もうこれ以上付け加える必要があるのか。奇しくも映画で運命の親子の確執を演じた三国連太郎の葬式を息子佐藤浩市が取り仕切ったのが去年だった。作者もあれを見て「もう潮時」だと思ったのかもしれない。

    ところが、この作品、一時休載扱いだと云う。「鼻血騒動」の決着が着く、あと20数年後まで終わることができなくなった、のかもしれない(^_^;)。

    「福島の真実」編の全体を読めばわかるように、作者の意図は徒らに放射能の悪影響を拡散させることではない。しかし、風評被害を広げるからと言って危険性に目をつむることでもない。言うべきことは云う。というスタンスである。

    漫画の本質は風刺である。最終的な決着が今つかないからといって「口をつぐむ」べきではない、と私も思う。
    2015年2月読了

  • もっと飯食えよ

  • 海原雄山と山岡士郎の和解。111巻に至るまで続いていた親子の確執の長さを考えると、感慨深い。

全8件中 1 - 8件を表示

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)の作品紹介

「福島の真実」編 下巻

2012年6月、山岡達の福島県取材はその後半を迎える。
福島県の伝統料理、農業復興の取り組み、福島第一原発の状況、避難指示区域の状況、識者の考え方…… 福島の現実に向きあって、山岡と雄山が考えたことは何か。「福島の未来は日本の未来だ。これからの日本を考えるのに、まず福島が前提となる」。
そして山岡と雄山の親子間の確執に、真の雪解けの時が訪れる!


【編集担当からのおすすめ情報】
2011年11月から2013年4月まで、1年半に渡る取材を収録した「福島の真実」編。この巻では、その後半にあたる、2012年6月~2013年4月の取材を収録しています。そこから導き出された山岡と雄山の言葉は、目指すべき未来、守るべき安全への提言です。

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする