黄昏流星群 48 (ビッグコミックス)

  • 17人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 弘兼憲史
  • 小学館 (2014年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091864284

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏流星群 48 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

黄昏流星群 48 (ビッグコミックス)の作品紹介

すべてを捨てても、貫きたい恋がある。

小説家・岸和田は、5年前に妻が若い男と駆け落ちして以来、
独り暮らしをしている。
広い家も半ばゴミ屋敷と化し、彼に言い寄る女が家に来ても、
その荒れ加減に思わず逃げ出す有り様だ。
見かねた担当編集者の勧めで、岸和田はしぶしぶ
住み込みの家政婦を雇う。
見た目は地味ながらも、細かいところに気が回り、何より
心根の優しい家政婦・すず子に、これまで感じたことのない
安らぎや穏やかな感情を抱きはじめる岸和田だが…!?

大人のせつない“初恋”を描く表題作「天空の星花」ほか、
ベテラン女流脚本家の暴走する純真「巨星のプライド」、
若い頃に無惨に捨てられた女とその男の奇妙な再会を描く
「新星活を求めて」 の計3編の純愛模様を収録!

世間体、プライド、現在の生活……
大人の恋だからこその、しがらみ。時に見苦しくとも、
そのしがらみを越え、「最後かもしれない恋」に一途に生きる
男女の純愛が描かれています。

「もう恋って歳でもないしなぁ…」という方にこそ読んでほしい、
ときめきの詰まった一冊です!






【編集担当からのおすすめ情報】
恋が人生をどれほど彩るか。
愛が人生をどれだけ支えるか――
様々な形で”大人の男女の恋愛”を描いてきた本作も、
来年で連載開始20周年を迎えます!
そして弘兼氏は今年画業40周年!
進化し続ける、常に「最新刊がいちばん面白い」弘兼ワールドを
ご堪能ください!

黄昏流星群 48 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする