医龍―Team Medical Dragon (8)

  • 437人登録
  • 3.56評価
    • (35)
    • (36)
    • (112)
    • (1)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 乃木坂太郎
制作 : 永井 明 
  • 小学館 (2005年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091865687

医龍―Team Medical Dragon (8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だんだん難しくなってきたw

  • 政治的な動きも出来る天才外科医。
    完璧じゃん。

  • なんか知らないけど最高に面白い巻だった。

    まず冒頭のバチスタチーム6人の合掌。カッコよすぎだろホントに……もうそれしか言えない。加藤の失脚に対してどんな言葉をかけるでもなく、ただチームとしての成長を誓い、手を合わせる。もう痺れまくった。

    そして真の悪の黒幕(と言っても過言ではない)霧島郡司の存在。ていうか教授会のワンシーンは画的にちょっと吹いてしまった。教授たちの悪人面がすごい、完全に悪代官の集まりじゃないですか。

    この漫画は主人公がたくさんいるところが面白い。腐敗した医局に風穴を開けるが如き朝田、そしてそれに振り回され揉まれながらも成長する伊集院、医局の改革を目論む加藤、どれも本当に見応えのある濃いキャラクターをしている。

    やっと起死回生の一手を見つけたと思ったのに……加藤先生この状況を一体どう切り返してくんだろうか。

  • ワイド版に追いつきました。最近読んだなかでは最高に面白い。

  • 第8巻は教授選に向けて新たな動きがあります。
    この教授選で加藤が教授になることがこのマンガのひとつのゴールだと思っています。ライバル出現ですね!

    この巻のテーマは「チームを守る」です。
    チームのためにそれぞれが出来ることを行う。レアなケースの手術をどう行うか?手術そのものを行えるか?チームの課題は山積みです。
    この課題を乗り越えた時にきっとより上のステージに行けるのでしょうね!
    「神は乗り越えられない壁は決して与えない」です。

  • 霧島か明真の教授候補に!?

  • 加藤「今の私を動かしているのは、信念ではなく、死んでいった患者の意志!彼らの怨念が、これから医局の舵をとる!!」兎に角、生後9か月の隆ちゃんを救ってくれ!!

  • 保存

  • ……教授は何か、
    勘違いされているようですね。

    私は、 信念を曲げずに生きれるほど強い女じゃありません。



    今の私を動かしているのは、 信念ではなく――
    死んでいった患者の――

    遺志!
    彼らの怨念が、 これからの医局の舵を取る!!

    (第65幕 教授の資質)

  • →BO

全21件中 1 - 10件を表示

乃木坂太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

医龍―Team Medical Dragon (8)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

医龍―Team Medical Dragon (8)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医龍―Team Medical Dragon (8)を本棚に「積読」で登録しているひと

医龍―Team Medical Dragon (8)のKindle版

ツイートする