夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)

  • 46人登録
  • 4.08評価
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 手原和憲
  • 小学館 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091865991

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  •  第3集は、今中が自身の道を定め、その上で雨ちゃんの思いを引き受けることを決めた巻と相成った。
     最初の巻はマニアックなネタばかり、次の巻ではごくまっとうなサッカー漫画と路線がいまいち明らかでなかったが、今回でようやく見えた気がする。ネタはあくまでネタ、ということだろう。

     この早い段階での過去編は悪手ではないかとも思ったが、思った以上によくまとまっていて、物語の進行もスムーズ。
     良い巻だった。楽しく読ませていただいた。少し展開の腰が重いところが気がかりだが、次にも期待したい。

  • 「私、ベルカンプみたいになります!」
    「ええ、目標が究極変態レベルですが、よしとしましょう」


    三巻目は雨ちゃんの過去話がメインです。
    ここまで基本、いい人しか出て来なかったこのマンガに、初めて否定されるべき人が出て来ました。走ることは大事かも知らんが、虐待の手段にするとかありえん。そして過去の話なのに激昂する今中くんは実にいい奴だと思います。
    さすが、雨ちゃんの崇高なる「妥協」の結果を背負うだけのことはあります。

    そんなこんなで雨ちゃんがひたすらに可愛い巻ではありますが、滝くんのカッコ良さも半端ではありません。俺、女子に生まれてたら惚れてたな(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする