イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)

  • 187人登録
  • 3.80評価
    • (10)
    • (24)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 相田裕
  • 小学館 (2015年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091866059

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「最近何かおもしろい漫画ない?」と聞かれたら、まずオススメするのが本作。おっさんはさておき、とくに現役の高校生に読んで欲しいです。ちなみに作者が大学OBなのこともつながりを感じました。個人的経験として、舞台となる生徒会執行部の活動を評して「富士には月見草がよく似合う」とは言い得て妙だなと感心しました。まあ、傍から見れば、何をしているかわからんよなあ。ただし、それでも中の人たちは全力全開であることだけは保障します。ご関心のある方はぜひご一読を!!次巻以降も楽しみです。

    追記(2015/4/8)
    読み返していて、この作品、烏谷が野球を諦めて「生徒会」に行くところが個人的にクリティカルヒットということに気づきました。
    というのも、会長や烏谷のいた野球部やシニアチームは野球を、丸ちゃんがいたバスケ部はバスケをするのを目的とし、そこで世界が完結しているのですが、反して生徒会は先の部活のような目的がありませんし、実に多様な人々(文化部長や体育部長、各委員会の長等)が出てきます。執行部の実働部隊としてHR委員会も登場しますが、彼らは彼らでイベントを楽しむという目的があります。ですが、執行部にはこれといった目的はありません。アイス大作戦が出てきますが、これもきっかけは一生徒の投書からはじまったものであり、どちらかといえば執行部の行動は受動的なものです。
    にもかからわず、わたしたち読者は、そこで活動に取り組む会長や丸ちゃん、烏谷たちが輝いていないとは見ません。乱暴を承知でいえば、いわゆる「部活モノ」は「閉じた世界」であるのに対し、執行部は「開いた世界」と言えるのかもしれません。だからこそ、野球部という「閉じた世界」にいた烏谷が「開いた世界」である執行部に来ることで、そこから新たな一歩を踏み出せるということになるのではないでしょうか。さらに、こうした対比構造に、とりわけ第8話で会長がいう「執行部は月見草」発言が効いてくるという。実に上手い構成であると同時に、個人的に自分自身の経験とドンピシャリでリアリティがものスゴいあるという。

  • 【単なる青春漫画とは違う】
    1巻で生徒会の仕事は深いんだなと思わさせられた。大学やそれ以降にも通用しそうな事をやっていたんだなと、ここまで行動力のある生徒会は珍しいとは思うが、それでも感心させられた。

    恐らくペンネームから、男性だと思うが可愛らしい絵のタッチ、女の子は可愛く、男の子はたくましく描かれており、良い意味で男性らしくない線だなと言う印象。

    怪我で野球を諦め、目標を失っていた烏谷。
    そんな烏谷を生徒会に誘い、彼を「笑顔にしたい」と誓う丸山幸。この二人にどんな先があるのか
    恋愛なのか日常系なのか。気になる作品です。
    続き楽しみにしております

  • ほのぼのとした高校生徒会もの。中学生時代にスポーツで活躍しながら、ケガやなどで挫折した人たちが心の傷を癒しながら活動する様子が丁寧なタッチで描かれている秀作。

  • 生徒会ネタで進むんやろか

  • 連載中
    『GUNSLINGER GIRL』の作者!?、なことに驚きです。
    高校生!生徒会!青春!だよ!? 驚いたな…

  • ガンスリとの作風の違いにビビる。
    しかし暗黒高校生活を送っていた者には、眩しすぎる生徒会。

  • 松栢学院大武蔵第一高校は埼玉の私立高校。新入生の丸山幸は、高校でやりたいことが見つからず、中学の先輩がいる生徒会の手伝いをすることに。そこではケガで野球を諦めた少年と、かつて野球選手だった生徒会長の運命の再会があった――(裏表紙より)

    「部活動モノ」ですが、花形のスポーツ系部活動じゃなく、陰ながら生徒達の学校生活をサポートする生徒会の物語です(最近のラノベにありがちな、バリバリに権力を持った生徒会がドタバタやる感じではありません笑)。
    本屋でたまたま見かけ、絵と「生徒会」というテーマにピンときて購入。私の好きな「青春」モノ、かつ私の理想の生き様である「縁の下の力持ち」を掛け合わせた内容で、すごく良さげな感じです。丸ちゃんかわいい。今後の展開にさらに期待。

  • 烏谷が泣くところを画面上からアウトさせていて、こういう所は渋いなあっと

  • 生徒会モノは自分が生徒会とは全くもって無縁だったので、なかなか共感もし難いのだが、そんな感覚を忘れさせるうまさがあった。続きを買っていこうかどうか非常に悩むところ。

  • 新連載が始まったと聞いてから発売を待っていた。面白そう。嬉しい。

全16件中 1 - 10件を表示

相田裕の作品

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)の作品紹介

胸にぐっとくる青春群像譚!

松栢学院大武蔵第一高校、通称・松武(しょうぶ)高は「文・武・楽」がモットー。

新入生の丸山幸(まるやま さち)はやりたい部活が見つからず、彼女の中学の先輩である生徒会長からの誘いで、生徒会の手伝いをすることに。

そこでは幸が3年前に野球場で見かけた少年・烏谷(からすや)と、かつて野球少女だった生徒会長との運命的な再会があった・・・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

高校生活という人生でかけがいのない時期に、楽しさ、切なさ、万感胸に迫る思いを抱きながら成長を重ねる高校生たち。

そんな彼ら、彼女たちを、優しい眼差しで見つめる青春群像譚、開校!


【編集担当からのおすすめ情報】
読み終えたとき、胸にぐっときます!

名作『ガンスリンガー・ガール』で、大きな銃と小さな幸せを与えられた少女たちの運命を描ききった著者が描く新境地は・・・・・・日本の高校を舞台にした青春群像譚!

多感な時期を過ごす少年少女たちの、言葉や表情ひとつひとつを優しく、時には力強くつむぐ本作品にぜひご期待ください!

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

イチゴーイチハチ!(1) (ビッグ コミックス〔スピリッツ〕) (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする