20世紀少年―本格科学冒険漫画 (15) (ビッグコミックス)

  • 1132人登録
  • 3.52評価
    • (81)
    • (63)
    • (276)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2003年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091866356

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (15) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 神父たちの若かりしころ。それぞれのできることを。集結に向けて各自一歩踏み出す。

  • “ともだち”の葬儀が行われ、ローマ法王が訪れることが決まります。そこでローマ法王暗殺の計画があることを知ったオッチョたちは、会場に入り込んで暗殺者を探し求めます。

    暗殺者の「13番」が見つからないまま、ついに法王が“ともだち”と対面しますが、そこで何と“ともだち”が身体を起こすという奇跡が起こります。ちょうどそのとき、13番が法王に向けて発砲し、“ともだち”は身を挺して法王を庇うという行動に出ます。こうして“ともだち”は神として称えられます。

    そして、“しんよげんの書”の記す通り、ウィルスが世界各地に撒かれることになります。

    ここで物語に一区切りがついたというところでしょうか。このあとは、物語をどういうふうに締めくくりに持っていくのかが楽しみです。

  • メインのサスペンス的な展開よりも、サブのエピソードや登場するキャラクターのほうが印象に残る。「ともだち」側が圧倒的過ぎちゃって、主人公たちは後追いするのみになっているように見えて緊張感に欠ける。

  • あたし、この人守りたい……

  • いきなりイタリアの出来事から入った本集では、ローマ教皇庁ですら〝ともだち〟が浸潤していることを読者は知ることになる。そして2015万博での〝ともだち〟の復活劇は、人々を狂信的にさせるに足る演出だった。巻末では遂にケンヂが!

  • ばんぱくばんざい。
     
    復活したともだち(本当は何者?)し、ローマ法王を狙撃から守ったあとは神になった。
     
    そして世界は滅亡した。
     
    本当によげんの書のとおりになってしまった。
    ケンヂ復活望むッ!

  • 地元の図書館で読む。

  • スケールが大きすぎです。

  • 726.1 ウ (15) 登録番号8684
    N先生寄贈

  • バーチャルアトラクションの中で、1971年の「真実」を見たカンナたち。
    ここで舞台はイタリア・ローマに移る。イタリアのとある神父・ルチアーノは師と仰ぐペリン神父の死により、彼が生前気にしていた予言書めいた謎の本を発見する。しかし、その本は古文書偽造が得意な老人が作った本で、古文書ではなかった。そこに書かれていたのは―「2015年で西暦が終わる」―。

    ローマ法王の来日、「ともだち」の遺体との対面が決まり、そこで一大イベントが起きます。ますます「ともだち」が信奉されていくことになる転機の15巻。

  • 図書館の本

    神を信じるまでの道のりは人を信じることなんだと思う。
    一人を本気で信じて、その一人が神の道にいたのであれば、そのあとに続くのは自然の流れであるのだと。

  • 副題「ばんぱくばんざい」

    そして世界は滅亡した。

    (2006年01月22日読了)

  • ばんぱくばんざい
    登場少年紹介より
    世界各地を襲う謎のウイルス・・・迫る万博開会式・・・
    人類は今、未だかつてあい衝撃の事件を目撃する!!
    帯表
    漫画史上、最大の衝撃。

  • ローマ法王の訪日はともだちの死去に伴い中止の検討もされたが、哀悼の意を述べるために予定通り訪日することとなった。国会でスピーチを行い、新宿歌舞伎町の教会も訪れた。法皇はここで殺害されると思われたので、ケンヂの仲間やマフィアたちが力をあわせて警戒したが何事も起こらなかった。新宿歌舞伎町の神父は、2001年に中国奥地にワクチンを届けようとする後のローマ法王に協力してトラックを運転した仁谷という元暴力団組員だった男だ。日本で敵の組長を殺害し中国に逃げていたのだ。
    次の法皇の日程は、万国博覧会開会式での、法皇とともだちの遺体との対面だった。法皇がスピーチを始めたときともだちは蘇り、法王に向かい歩き出す。スパイナーの13番は博覧会のモニュメントから殺害を謀る。ともだちが法皇をかばい負傷するが法皇は無事だった。このときともだちは神になった。
    世界各地では、ウイルス感染による死者が増え続けていた。噂では、防毒マスクをつけたセールスマンがアタッシュケースを道端において北に向かい歩いていった。その後ウイルス感染が始まる。キリコは、ミシガン湖のほとりにあるMGC製薬工場で、ワクチンの大量生産を行おうとするが爆破されてしまう。
    しんよげんの書の通り、事は進み、世界は滅亡した。
    物語は、ともだち暦3年になった。
    このあとの予言の内容は知らされていない。作者はずいぶん読者に対して、フェアではない。これが推理ものだったら、全く顰蹙ものだ。
    (2004.09.18・記)

  • だんだんストーリーが複雑になってきた。

  • 映画化の時に購入。

  • 『マスターキートン』や『モンスター』とは打って変って、頼りなさすぎの主人公ケンジとそれを取り巻く仲間たちを描くSFサスペンス(本格科学冒険漫画)。スピリッツ連載中、毎週次号の物語の展開が待ち遠しすぎて困ったものです。「よげんの書」に出てくる「9人の戦士」って、結局はケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーだったのでしょうか。

    個人的には、オッチョと漫画家・角田が海ほたる刑務所から大脱走するくだり(第6巻〜第7巻)あたりになぜか一番思い入れが強いです。

  • 注目ポイント
    “ともだち”はすでに死んだ………はず
    ばんぱくばんざい ばんぱくばんざい そして せかいだいとうりょうが たんじょうするだろう
    ともだち暦3年、ギターを背負ったこの男は

  • 第1部完。衝撃のラスト。

  • 始めは何がなんだか解からなくて頭ゴチャゴチャになってくるけど、やっぱり浦沢漫画はひきこまれます。
    読み出したらやめられない。必読。

全26件中 1 - 25件を表示

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (15) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (15) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (15) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする