20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)(ビッグコミックス)

  • 1206人登録
  • 3.51評価
    • (89)
    • (76)
    • (327)
    • (1)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 浦沢直樹
  • 小学館 (2004年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091866370

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
井上 雄彦
有効な右矢印 無効な右矢印

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)(ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サナエは、地球防衛軍の目をかいくぐって、「氷の女王」としてテロ集団を率いているカンナに出会います。

    一方、北方検問所の警備員として働いている蝶野巡査長のところに、2000年の血の大みそか以来姿を消していたケンヂが、とうとうその姿を現わします。

    ケンヂの再登場で、物語が結末へ向けて一気に駆け出していきそう雰囲気になってきました。

  • 氷の女王の正体、予想と違った。もう一人の影のキーパーソン小泉が正義のヒーローを引き寄せる。

  • ストレートな熱さって基本的に大好きなんで、そういった展開はタイプではあるのだけど、このあとどうなっていくのかなぁ・・・。ひとりのカリスマ的な展開って・・・このマンガにはあんまり期待してないかもなぁ。

  • 絶望に打ち勝つ方法などない ただ歩き出すだけだ

  • サナエとカツオの活躍が嬉しい。〝ともだち〟に支配されたと思われた東京で、その不自然さに気付いた子供たちだ。ケンヂも生きていた。自分が子どもの頃に流行ったモノが紙面に溢れてくる。最後は「あしたのジョー」か?!

  • やっぱりカンナは生きていた。
    「氷の女王」といわれながら、普通のソバ屋営業してる。
     
    ほぼ世界を自分のものにしているのに、なぜかケンヂ一派は見過ごされていることに違和感。
    スパイまで内部にいたのに・・・
     
    蝶野さん、確か”絶交”された気がするのだけど、まだ元気に働いているな~

  • ワクチンを求めた殺し合いは悲惨です。

  • 726.1 ウ (17) 登録番号8686
    N先生寄贈

  • 「ともだち暦」下での生活をおくるサナエとカツオ。実は逃げのびていたオッチョを匿っていた二人は、オッチョの希望で、新宿のニタニ神父のところに行くことになる。しかし、「ともだち暦」下では新宿に行くのも容易ではない。たまたま再開できた「神様」の案内で地下道を通っていくことになるが、果たして二人は新宿に辿りつけるのか―。

    「ともだち暦」下での様々な日本の様子がわかってくる17巻です。久々にカンナも登場。「氷の女王」というあだ名で反「ともだち」を掲げて活動しています。しかし、いろいろと組織が登場してきて、若干どれがどれだか混乱しそうになりますな。

  • 17巻。

全40件中 1 - 10件を表示

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)(ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)(ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)(ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする