イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)

  • 100人登録
  • 3.63評価
    • (10)
    • (10)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 東周斎雅楽
制作 : 魚戸 おさむ 
  • 小学館 (2002年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091866714

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 全巻
    話が難しすぎて無理。

  • 考古学好きにとってはたまらない一冊。
    大学受験の時に父が連載を追っていて、家族そろってハマり、コミックが出るたびに買って、実家に全巻綺麗にそろえてあります。
    遺跡や各国の風景の描写は本当に素晴らしい。『夢』をテーマにそこから辿って行く登場人物や、繋がっていく数々の文明に惹かれます。
    お金さえあったら、私もこんな冒険がしたい!と何度読みながら思ったことか。言葉も、知識もイリヤさんの足下にも及ばないけれど(笑)
    本当に好きな漫画なので、実家から持ってこようかとも思ったけれど、文庫版が出るそうなので、それを少しずつそろえていきたい。

  • アトランティス伝説。おもしろい。
    歴史の資料集またあさりたい。

  • アトランティス
    帯表
    人類史上最大の謎!!
    アトランティスを探し出せ!!
    あらゆる時代のあらゆる人々を魅了してきたアトランティス伝説に、今、新たな答えを出す!!
    考古学アドベンチャー・ロマン、いよいよ刊行開始!!
    裏表紙
    あなたは、「アトランティス」をご存じだろうか!?
    古代ギリシャの偉大な哲学者・プラトンが、その著書の中で語った幻の古代文明を探すという極秘プロジェクトが、世界の名だたる富豪たちを集めて動きだした。
    主宰者のエンドレが“トレジャーハンター”として指名したのは、東京の下町で古道具屋を営む入矢修造という日本人
    だがその直後、エンドレは、何者かに暗殺されてしまう!!
    エンドレの娘・ユリは、父の遺言に従い、入矢に会うため日本を訪れるが、ユリもまた何者かに襲われ・・・!?
    壮大な夢を追う本格考古学アドベンチャー・ロマン、待望の第1集!!

  • あまり知られていないようだけれど、
    長編版『マスターキートン』という感じの名作。
    アトランティス探索もの。

  • アトランティスの夢は消えない
    考古学的ロマン。
    ハマったら抜け出せない!

  • こういうやつ、すごい好きだべ。

  • 漫画喫茶にて〜13巻まで

  • めっちゃ楽しいです!
    魚戸おさむ氏の絵は、けっしてスタイリッシュではないんですが、とても味がある。
    青年誌の漫画って結構味があって、好きです。
    内容は幻の大陸アトランティスの謎を解きあかす、本格(?)考古学物です。
    歴史上の人物の名や存在が沢山出て来るので、楽しい。
    スピード感もあるのに妙にほっこりできる漫画。
    褒め言葉としての炬燵漫画です。

全9件中 1 - 9件を表示

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イリヤッド 1―入矢堂見聞録 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする