イリヤッド―入矢堂見聞録 (7) (ビッグコミックス)

  • 48人登録
  • 3.53評価
    • (4)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 東周斎雅楽
  • 小学館 (2005年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091866776

イリヤッド―入矢堂見聞録 (7) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 古き告訴人
    裏表紙
    第二次大戦中に、ナチスの「ドイツ古代遺産調査団」の一員として、アトランティスの謎に一番近づいたといわれる日本人がいた。
    その名は、ドクタ・ローテヘーゼ=通称“赤うさぎ博士”-。
    ウィーンで、赤うさぎ博士の存在を聞きつけた入矢は、彼の正体を探るため、出雲地方に伝わるという“赤うさぎ伝説”を追って、出雲へ飛ぶ。
    一方、アトランティスに関する重大情報を求めて、ユリとデメルは、ハンガリーへ。
    だが、ユリたちを待ち構えていたのは、謎の暗殺者の影だった・・・!!
    日本、ハンガリーを舞台に、緊迫必至の考古学ミステリー!!

全3件中 1 - 3件を表示

イリヤッド―入矢堂見聞録 (7) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イリヤッド―入矢堂見聞録 (7) (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イリヤッド―入矢堂見聞録 (7) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする