機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)

  • 228人登録
  • 4.16評価
    • (20)
    • (20)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 太田垣康男
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 小学館 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091867186

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終決戦ア・バオア・クー。しかし、最後の決戦だったはずだけど、戦争はまだ終わらない。連邦が入手したサイコミュ技術が、今後どうなっていくのか。あらたな戦争の舞台で、どんな悲劇を生むのか。次なる戦いの場所は地球。

    ジオン再興のため戦う。連邦の復権のため戦う。

    それぞれの大義の下、ダリルとイオは再び戦場へ。
    また大義名分の下で、死が連続する日常へ。その合間の、日常がとても眩しい。表紙なんて特にね。

  • 漫画喫茶で読みました。

    ア・バオア・クーだ!
    ホワイトベースが沈んじゃうだ。

    劇場版はこの巻の最初の方まで。
    劇場版最後はソロモンかと思ってたけど、ア・バオア・クーだったのか。

    コアブースターやGアーマーっぽいのもいる。
    Gアーマーっぽいのは中身がなさそう?
    ビグロ、ザクレロに加え、高速機動型ザクまで登場とは。
    ザクレロは開発競争に負けたかして1機しか製産されてなかったんじゃ・・・?

    あのサモトラケのニケは本物なんだろうか?

    ガンダムに装備されてるのがエマージェンシーポッドだったから存在しないのかと思ったけど、コアファイターもいた!
    (ってか、コアブースターいるんだからあって然るべきか。)
    (ってか、何に対する“コア”ファイターなのだろうか?)
    スパルタンもコアファイターも翼の機構が脆そうね。
    コアファイターはオリジナル版の翼の展開方法の方が現実的なんじゃなかろうか?

    コアブースターは劇場版にあたり開発期間が足りなくてGファイターの製造が間に合わないからコアブースターになった、みたいな現実と劇中が半分混ざったような理由を聞いたけど、ホントなんだろうか?
    テレビ放映と劇場版で物語の時間軸が変わってるとは思えないし・・・。
    キケロガも似たような理由で打ち切りにより終戦が早くなて開発期間が減ったせいで間に合わなくなったから直接ジオングに、て話だったような。

    ガンダムヘッドはお面(中国のアレ)に見える。



    イオの歯は3巻で折れてたけど、アレは差し歯かな?

  • 舞台を変えて、新しい戦いへと向かうプロローグ。なんか新しいガンダムが出てる!

  • 新局面。南洋教団も戦争をかき回すか。戦闘メインでこれまで来たが、いろいろドロドロしてそうなので政治とか確執にしばらくスポットあててほしい。

  • 2016/1/6購入
    2016/1/9読了

  • 別物になったのでもう続きは読まなくて良いかなと思った。

  • 宇宙が終わって今度は地上!
    空中戦に水中用MSと、地上ならではのシーンもすごく良いです。
    宇宙編も終戦の雰囲気が哀愁感漂うなあ…。お経とか逆に新鮮…(;´∀`)

  • 新たな展開。ステージ2かな。

  • 本作はファーストガンダムが感じさせたリアルな戦争をさらに掘り下げる

  • 宇宙だけで終わらず、地球に降りて来ちゃったのね。面白いんだけどMLMの続き、、、

全14件中 1 - 10件を表示

太田垣康男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

次なる舞台は地球!新しい宿命の始まり!!

サンダーボルト宙域での死闘から7か月。終わったかに見えたイオとダリルの宿命はまだ続いていた。宇宙世紀0080年。次なる舞台は青い惑星・地球。果たしてイオは、ダリルは、そして地獄の宙域の生き残りたちの運命は……!!!





【編集担当からのおすすめ情報】
オイルの匂い漂う一年戦争として、ガンダムファンの方に高いご支持をいただいたガンダムサンダーボルト。

太田垣氏アレンジのFAガンダムや高機動型ザクはガンプラ商品化もされ、大きな反響を呼びました。

サンダーボルト宙域での激しい戦闘は前集までで一旦終了し、今集より舞台は「大気圏を超え」、地球へと移行します。

舞台が地球であるならば、あんなモビルスーツ、こんなモビルスーツが大量に登場。

「物語が宙域を超えたのには理由がある」、そう納得していただけること請け合いの壮大な物語と、

新しく登場する太田垣氏アレンジの圧倒的なMSの数々…...是非お楽しみください!!

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4 (ビッグコミックススペシャル)のKindle版

ツイートする