ブクログ大賞

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)

  • 1082人登録
  • 4.06評価
    • (90)
    • (129)
    • (68)
    • (3)
    • (0)
  • 78レビュー
著者 : 眉月じゅん
  • 小学館 (2015年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091867285

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
なかとかくみこ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 第13回Podcastでは、

    『恋は雨上がりのように』を紹介しました。

    短距離走のエースとして活躍していた女子高生の主人公が、怪我により絶望的になっていたとき、ふと立ち寄ったファミレスの冴えない店長(45歳)に恋してしまう。

    という、なかなか素敵なストーリー!

    って思うのは僕がその冴えない店長サイドの人間だからでしょうか??

    主人公の、美人だけど感情表現が苦手なところとか、店長の、自分も冴えなことをみとめてしまっているゆえの行動、とかがちょっと切なくも可笑しくて、ただの恋愛漫画としても十分楽しめる作品です。

    しかし!

    この作品の本質はそこにあらず!

    この作品の本当に素敵なところは、登場人物の一人一人がちゃんと自分自身の中にある大切なもの、だったり人に正直になっていくところです。

    これはまた僕の深読みですが、
    この作者が言いたいことは、ありえない年齢差の恋愛模様ではなくて、あるいは、好きな相手の行動に一喜一憂する恋の切なさでもなくて、『人は恋愛を通して自分にとって一番大切なこと(自分の本質)に気づいていく』、ということ。ドキドキする相手の事ばかりを考えるのではなく、自分自身にもちゃんと向き合うことが大切なんだよ!って熱いメッセージが込められているのです!これ以上はネタバレになるので言えませんが、是非読んで、自分にとって大切なこと、思い出してみてください!

  • クールビューティーな女子高生と、バイト先の冴えない店長っていう組み合わせがすごくいい。
    店長がただのおっさんっていうのがいい。
    橘さんの恋は実るのかな。

  • 瑞々しく情緒があってすてき。

    JKが可愛いキュンキュンする/萌えるマンガー♡とは とられたくないなあ。
    そんなことじゃないんだよ、もっとこう素直な、それこそ雨上がりのような。
    わかってもらえますかね。

  • めちゃ良いじゃないか、橘可愛い

  • 懐かしいタッチに惹かれて手にとってみたら惹かれる要素が満載で新刊が待ち遠しいです。

  • 今最も注目してる作品

    絵が綺麗。それが目に止まり読み始めました。
    簡単に言えば、"おじさんに惚れる女子高生"なのだが、これが甘酸っぱい。

    主人公がおじさんに振り向いて貰おうと、努力する様は見てて微笑ましくなり、おじさんが羨ましくなる(笑)
    早く続きが見たい。

  • このタッチ好き~

    ファミレス店長に恋するjk。爽やかとほんわか、だけではない(ちょいエロス風味も。パンチラはみケツあり)

  • わー! あきらちゃんがかわいい…!!

  • 雨で色んなものを表現していて、セリフが少なくて絵の表情や情景で伝わるのが本当にドキドキした。
    年齢差が凄すぎる分 変に感情移入せずに楽しめて、すごく作品感が強くてよかった

  • 「何が臭いとか、カッコイイとかは、人それぞれだと思います!!」、このセリフ好き!/「好きになる人の特徴…、★ちょっと寝ぐせがついていたり、たまにズボンのチャックが開いてたり、ストレスで頭に10円禿が出来てたり、大きな声でクシャミをしたりする人、かな」、なんか共感できる、解るー!ちなみに、ズボンのチャックは、社会の窓ではなくて、ズボン横にあるポッケ!★ズボンのポッケの閉まってない具合、開き具合で、この人好き、イイな~って思うもの。「枯れてる」店長は、どこか面白くて、元気が貰えるダメさがカワイイ。/このコミック好き!★1巻、満点!

  •  尊敬する「お気に入り」さん絶賛マンガということで。

     恋に恋する高校生が眩しい。恋の仕方を知らない(いや、恋に落ちた時どんな態度と行動を採れば良いのかを知らない)思春期少女が初々しい。
     この本音の爆発力と表面クールさのギャップが本作の一の魅力なのだろう。それを支えるのが、あきらの一見強面のキャラ造形。著者の得意な女性キャラがフィットした感じである。

     今後描かれるだろうが、店長の過去話。これにあきらが付いていけるか。そして、それを読者が納得できる展開かが肝かも。

  • 『橘あきら。17歳。高校2年生。感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。その相手は、バイト先のファミレスの店長。ちょっと寝ぐせがついてて、たまにチャックが開いてて、後頭部には10円ハゲのある冴えないおじさん。青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼の、小さな恋のものがたり。』
    どう見ても恋愛対象とは思えない冴えない中年男に、17歳が恋をする。そううまい絵でもないのだが情感が伝わってきて好印象。なぜ好きになるのだろうというあたりがイマイチ伝わってこないが、ひたむきな誠実さこそが人を惹き付けるというとこでしょうか。女性マンガ家の筆なのにあまり気にならない。このマンガがすごい!2016 4位

  • 5巻まで読了。こっちが恋しちゃいそうなくらいヒロインのクオリティ高い。

  • ヒロインあきらがとてもかわいいです。
    なんというか、一生懸命。
    ときどきクスリと笑えるのに、全体的にとても詩的な漫画だと思います。後半の雨の中のシーンなど特に。
    ストーリーだけでなく、演出や表現など、本当によくできた漫画だと思います。
    面白い。

  • マンガのランキングで話題になっていたので読んでみたけど、
    結構いい。こういうれないの形があってもいいよね。
    次巻以降が楽しみです。

  • クーデレなあきらが可愛いし、店長に惚れるのもわかる自然さが良い。告白までいってしまったけど、ここからどうなるんだろう。

  • 連載中 人に恋するのに理由っているのだろうか…ただ好きだからでいいんじゃないかな

  • 恋愛/女子高生と40代
    17.03.21 07巻up

    1-07巻 続

  • 一昨日の新聞で見かけ
    ツタヤで1~4刊まで借りた

    「まっすぐな純愛」
    「17歳の美少女が45歳のおじさんに恋をして…」
    って話。
    『歳の差モノ』って言うんだ。
    おじさんが美少女に恋をしたんじゃなくて
    逆なとこが興味をひいた。

    あと絵がね、好きな感じ。

    書評にもあったけど、
    主人公ふたりのキャラクターがいい。

    ただ女性誌じゃなく
    「週刊ビックコミックスピリッツ」に
    連載されている点で
    男性願望な気はする。
    描いてるのは女性作家みたいだけど

    まあそういう点を考慮しても
    なかなか面白い

    「セリフに頼らない心理描写、叙情的で
    繊細な演出に文学的な香りも漂う」
    って書評に惹かれた。

    あとそのおじさんが純文学が好きで
    まだ小説家になる夢を捨てきれてないあたり…
    読んでみたくなるツボがいくつもある

    第21話、羅生門の話、いいね

    「この感情に、
    名前をつけるのは
    あまりに軽薄だ」(第25話)

  • 3巻まで読了。ド直球な青春恋愛モノなんて「温いんだよこのクソが」程度にしか感じない私ですが、こういう泥臭いやつになるとちょっと話は別。「坂道のアポロン」の小玉ユキの世界のような、一昔前の時代設定に近くに海あるでしょ的な土地柄、そんでもってトドメはみんな不器用。こういう高校生活送ってみたかったわぁって思わず溜息ついてしまうのは、あと2週間足らずで30歳になるからな気がしてなりません。

  • 1~3巻まで読みました。

    あきらちゃんが凄く可愛い。
    歳の差モノは好き。
     随分遠くまでバイトに行ってるな~…

    凹んでる時のさりげない優しさ
    これは好きになるかも。

    しかし 3巻に至るが
    今ンとこ店長の人間的良さはあまり出てこない。
    歳ゆえの分別…と言う名の
    「この歳になって傷ついたら立ち直れませ~ん!」位しか出てきてない。
    普通~に、世俗的な、うだつの上がらない
    コンプレックスにまみれた
    自分に言い訳ばかりしているバツイチのおじさん。
    純文学を愛するが、生き方はそれに添えない。
    取捨選択の出来ない彼の筆は
    冴えたものでは無いだろう事は伝わってくる。


    ガツガツしてない所とか
    経験値故の物事に対する対応とか対処とか。
    自分や「同年代の男の子」の持ってない、
    心(&金銭)の余裕 それゆえの包容力
    「同世代のオバサン」から見たら、
    「そんなの大人なんだから 当たり前でしょ~!」ってシロモノが
    少女たちには「とっても素敵なオトナ」に見せてオジサマに惹かれるのだろう。

    それはそれでいいよな。
    別に。
    有りだと思う。

    なんだけど、今ンとこ店長の惚れちゃうポイント
    最初のコーヒーのさりげない優しさのみなんだよな~
    イイ人なのはわかるけど 正直、褒め言葉では無い。
    すべてに対して曖昧 優しさすらも中途半端だ。
    そうなると、

    あきらは この先何十年と店長を「好き」で、いられるの?

    って思ってしまう。
    そう思うと、まんま「思春期故の盲目」「若さの暴走」過ぎて。

    尾崎の歌は素晴らしいけど、歌ってる内容に共感できるのは
    思春期のみ。って感じに近い。

    人のバイクは盗まないでください。
    学校のガラスはタダではありません。
    学校にも家にも帰らなかったら 実質どうやって生きていくのか。
    みたいな。


    店長の人間的良さが出てこないから
    あきらの恋を応援する気になれず、
    少女だったと いつの日か思う時がくるのさ~♪的な。
    それは 美しい過去になりますか?みたいな
    あきらが一途で可愛ければ可愛いほど
    店長に近い年齢の私には
    とりあえず止めとけ!みたいな目線にしかなれず。


    今後、あきらの存在で店長は生まれ変わるのかなぁ…
    なんかちょっと痛々しくて(店長が←自分の目線が店長寄りなので(笑))
    3巻で止まってます。
    終わったらまとめて読もうかな…

    店長が後藤さんみたいだったら
    「お目が高い!!」って思っちゃうけど(笑)
    …後藤さんもお目は高いがお勧めは出来ない物件だが。

  • 女子高生とさえない中年男性の恋の話。

    ツンデレ女子高生の一途な恋に射抜かれました。告白シーンはドキドキしました。中年男性のくたびれた中の優しさが描かれてて良いです。

全78件中 1 - 25件を表示

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

少女17歳。片想い相手は冴えないおじさん

橘あきら。17歳。高校2年生。
感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
その相手はバイト先のファミレス店長。

ちょっと寝ぐせがついてて、
たまにチャックが開いてて、
後頭部には10円ハゲのある
そんな冴えないおじさん。

海辺の街を舞台に
青春の交差点で立ち止まったままの彼女と
人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす
小さな恋のものがたり。

【編集担当からのおすすめ情報】
無名の新鋭作家ながら
「月刊!スピリッツ」にてアンケート1位獲得!

『アオイホノオ』の島本和彦先生も
「俺だけは認めてやろう!」とつぶやいた
話題の女子高生片想い叙情譜、
ついに待望の単行本化!!

恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする