響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

  • 480人登録
  • 3.78評価
    • (35)
    • (51)
    • (37)
    • (11)
    • (2)
  • 50レビュー
著者 : 柳本光晴
  • 小学館 (2015年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091867698

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツイッターで現役作家の人が絶賛してたので、5巻まとめて買って一気に読んだ。
    だから、5巻まとめての感想。

    「おもしろかった」
    っていうのが、素直な読後感。
    でも、このおもしろさは、文芸系出版界の内輪話への興味がほとんど。
    それと、主人公以外のキャラクターがいろいろと魅力。

    「うーん」
    それなのに、☆を3つしかつけなかったのは、このマンガをひとつの創作作品として読むと、そんなにおもしろくはないかなー、っておもったから。

    人格はいろいろとアレだけど文才は天才的、っていう主人公のキャラクター性にすべてを依存したストーリーなんだけど。
    肝心の主人公の「すごさ」が、ただ「すごいーすごいー」というほかのキャラクターの絶賛のコトバで語られてるにすぎなくて、ゾクゾクするようなすごさが読んでて感覚的に伝わってこない。

    ものすごい革命的な小説を書いちゃったらしいけど、その小説は一行も文章として出てこないし。
    たぶん、アスペの設定なのかな、っておもう主人公の性格も、ちょっと「?」っておもうぶぶんがいろいろあって、「猟奇的な天才」の魅力はぜんぜんかんじれない。

    「天才」のすごさを描く物語、ってむずかしいね。
    でも、続編に期待。
    このつづきも買ってく予定。

    あとでブログにいろいろと書く。

  • いつかこの筆者は、自分がここで描いている何気ないアーティスティックな暴力の、その報いを受けるんじゃないかと思うフシはあるけれど、でもそこも含めて、破滅的な純文学の世界観と不気味なくらい符号している。読む人を傷つけながら、顔を真っ赤にさせるような嫉妬を振りまきながら、この作品もまた「一瞬の栄光」と「終末」に向かって駆け出してくれるだろう。ちょっと買いかぶりすぎかな。願望込みです。面白い。でもこれをわざわざ人に勧めてくる奴は、性格悪いかも……笑

  • こんなに主人公に共感できない作品も珍しい。
    と言ってもこの作者のヒロインはいつもエキセントリックだけど。

    第一話から掴みが凄かったなー。

    社会生活に徹底的に馴染めなくて、喧嘩売ってきた不良をボールペンで刺し殺そうとしたりする(それで私は何も間違ってないとか言い出す)ような主人公、響(15歳)が小説家になるというのがあらすじ。

    ヒロインが次に何をしでかすかわからないドキドキと、小説家としてのサクセスストーリーが同居する。
    その上で、響は小説家として初めから天才なので(御伽の庭、読みたい)振り回される周りの人の話だ。

    物語としては響は精神的に成長しそうにないので、文芸部長のリカさんの成長が軸になるのかなあ。
    (連載では)今のところ、世間に認められた天才だったはずが本当の天才に出会って打ちのめされる役割。今後ヤムチャになるのかベジータになるのかが楽しみ。

  • 強い才能に振り回される人々の群像劇。面白い。

  • コーヒーブレイク本。

    斜陽の文芸界に現れた小説家を志す女子高生・響の物語を描いたComic第1巻(2015/03/04発行)。

    頭は少しおかしいが小説家の才能がある女子、茶髪ギャルの部長、高校デビュー目指すジミな女子、ヤンキー他高校生の部活動をメインにした、少し変わった構成とストーリーが面白く感じました。

    只、カラーと思われる絵が数頁もあるのに白黒で印刷しているため、絵が潰れ暗く見ずらいところがあります。 白黒にするのなら、もう少し明暗の調整出来なかったのでしょうか。 せっかく良い作品なのに残念に思いました。

  • マンガ大賞受賞作ですよね。第一巻には世界に引き込むようなパワーはありません。ヒロインのキャラが不自然。幼なじみの保護者ぶりも謎。純文学の世界を感じられる展開もなさそう。しかも絵が上手くありません。でも、折角なので、もう少し付き合ってみます。

  • 読むのを楽しみにしていたけど、主人公の周囲には好意を持てるのに肝心の主人公にイライラしてしまう。

  • 漫画のコーナーに並んでいます。

  •  才能でマウンティングして、弱者をボコるケンカ漫画、という感想。主人公のすごさの部分が、モブが「すごい、すごい!」と騒ぐだけなので、”ふーん、すごいのね”、という感じ。
     まあ、そのレベルで評価される小説が表現できるのなら苦労はない。小説や漫画の中で、天才小説家ってかなり難しいものだと思うし。ただ、天才性の要素がキャラ付けとしての要素でなくて、ストーリーの根幹をなす要素になっているから、一回気になると批判的にならざるを得ないのかなと思う。

     面白い、面白くないで言えば面白い。けど、ヤンキー漫画的な面白さ。

  • 文芸界で世界を変えたい編集者の元に、1つの原稿が送られてきた。
    その内容は革命的なのだが作者が不明…。
    で、その作者が主人公の響ちゃんという概要ですが、主人公のキャラが強烈すぎて好き嫌いが分かれそう。

全50件中 1 - 10件を表示

柳本光晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)に関連するまとめ

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)の作品紹介

ギクシャクは創造の母!!

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。
編集部員の花井は、応募条件を満たさず、
ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。
封を開けると、これまで出会ったことのない
革新的な内容の小説であった。
作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

【編集担当からのおすすめ情報】
一瞬でも小説を書きたいと思ったことがある方
または、モヤモヤ伝えたいことがいつもあるけど、言葉が見つからない方
・・・・・是非読んでみてください。
小説の発想はどこから生まれるのか。
書ける人と書けない人の差はなんなのか。
この漫画を読めばわかります。

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする