機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)

  • 45人登録
  • 4.13評価
    • (4)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 業田良家
  • 小学館 (2015年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091867971

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 3巻。人間社会で使役されるロボットたちを通じて格差の存在を描いてきたが、3巻はさらにを一歩進んだ。例えば第6話の自由ロボットの話などは、主人から自分自身を買い戻す解放奴隷の事例が下敷きになっている。格差だけでなく差別にまでその射程が広がっている。
    仮想的な社会システムを描くことで現実社会の矛盾や問題を浮き彫りにする、これそこSFの力なんだよな。

  • これまでの2作に比べて、読後感がややあっさりした感じ。
    非人間を描くことにより、人間をあぶり出す、業田良家の哲学好きです。

  • 言葉(ロゴス)がロボットを変える。人を変える。やわらかな叙情的ロボットドラマ、第三集。今回も珠玉ぞろいです。

  • 201502/人によってはあざとく感じるかもしれないけど、このシリーズは名作。一貫して描かれるヒトとロボット。ただの感動モノというだけではないのが業田作品のコワイところ。受賞きっかけで知った人には是非ロボット小雪も読んで欲しい。

全5件中 1 - 5件を表示

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

機械仕掛けの愛 3 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする