シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)

  • 112人登録
  • 3.92評価
    • (19)
    • (9)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 曽田正人
  • 小学館 (2000年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091868015

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)の感想・レビュー・書評

  • 子どもの頃から自転車で坂を登るのが好きな少年の設定がいい。

    91年とか92年とかに連載されていたようだが、機材や出てくる自転車乗りの名前で時代を感じる。女性のヘアスタイルや着てるものでも時代を感じる。

    ユタ監督のもと、テルがどこまで強くなって行くのかが楽しみ。まずは石渡山で山岳賞獲れるのか?

  • ツールドおきなわ編の熱量は少年漫画史上屈指とも言えるレベルだけど、しょうもねー奴らに読んでほしくないから、あまり人に薦める気はありません。 選ばれし者だけの心の中に留まっとけばいい。

  • ハンパない迫力がある!
    自転車に対する…自転車ではしることに対する熱意や努力や努力負けん気がバシバシ伝わってきます!
    主人公のテルは寡黙でひたすら坂を上るからか、最終話までに話しているシーンがほとんどない(笑)
    それでもいろいろ伝わってくる熱いマンガでした

  • ワイド版で全巻一気読み。
    みんな激坂好きだね。

  • 自転車乗りなら誰でも知ってる(←言い過ぎか)、自転車レースマンガの金字塔。
    最近映画化もされている。
    そもそも自転車を題材にしたマンガは希少なのだ。
    ただ、他にライバルがいないから金字塔なのかというと、そうではない。

    このマンガ、とにかく熱い。
    主人公のテルは自転車が好きなのだが、中でも坂を登るのが好きなのだ。
    登り坂は誰でもつらい。
    テルもつらい。
    だが、彼は懸命に坂を登り、頂上で歓喜し、また新たな坂を見ると目を輝かす。他の登場人物も皆それぞれに自転車好き。

    このマンガを読むと、自転車に乗りたくなる。
    クライマーが好きになる。
    自分もクライマーになろうかななんて思ったりする。

    自転車ビギナーにも、自転車愛好家にもオススメのマンガ。

  • ロードレースを題材にした不朽の名作。自転車好きの方や、そうでなくてもスポーツ漫画がお好きであれば是非読んでみて欲しい。そんな漫画です

  • 俺的最強に面白いマンガ5本指に入る。
    スポーツモノは大好きだが、これは滾る。間違いなく滾る。
    曽田先生のマンガはどれも好きだけど、これはピカ一。

  • ハリスが好きだ。
    とっても男の子オトコノコしていて、きゅんとする。

  • 多分今まで読んだ中で一番熱い漫画

全13件中 1 - 13件を表示

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)に関連する談話室の質問

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)はこんなマンガです

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)のKindle版

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)のコミック

シャカリキ! (Vol.1) (ビッグコミックスワイド)の文庫

ツイートする