ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)

  • 46人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 渡辺雄介
制作 : 霜月 かよ子  柳 広司 
  • 小学館 (2015年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091868404

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画版公開時に発行された
    エンターテイメント性の強い一冊。
    ちゃんとスパイなりにモテるところ、
    矜持、アクションが満載です。

  • なかなか面白い。

  • 劇場版のストーリーを漫画化したもの。(映画の方を見ていないので、全く同じかどうかはわからない)

    テンポよく、すんなりと読めた。

  • 今回、映画化される作品のコミカライズです。以前に発行された「Dの魔王(全3巻)」も持ってるのですが、あちらの方が戦争時の恐怖感がかなり有り、結城中佐もより深く描かれ、原作に近い!

    今回のコミカライズは、先が読め、ドンデン返し無いし、恋愛模様あり、ハッピーエンド、何より結城中佐の魔王っぷりが無さ過ぎ!!(コミカライズ準レギュラーの三好が出てきましたが彼のその後は!?何か影で躍動してなかったの!?)
    原作小説に忠実では「映像化不可」なので、映画の為に書き下ろした、娯楽作品って雰囲気です。ちょっとガッカリ…。

全4件中 1 - 4件を表示

渡辺雄介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)の作品紹介

コミック版だけの[ミステリー]がある!!

誰が敵で、誰が味方か? 究極のスパイゲーム開幕!

昭和初期、日本陸軍の影として、
世界を舞台に暗躍するスパイ養成機関「D機関」を描く極上ミステリー!

映画「ジョーカー・ゲーム」(主演 亀梨和也 深田恭子 伊勢谷友介)の
2015年1月31日公開を記念して堂々コミカライズ!!

このコミック版では、
映画脚本に、原作者である柳広司が自らアイデアを注入!
映画とも小説とも異なる[アナザー・ゲーム]が展開される!!

これぞスパイ・エンタテインメント!
スパイvsスパイの世界レベルの騙し合いを堪能せよ!!

【編集担当からのおすすめ情報】
スタイリッシュなスパイミステリー漫画として人気を博した「Dの魔王~ジョーカー・ゲーム~」。今回映画化を記念して再び柳広司×霜月かよ子のコンビで復活しました。「Dの魔王」ファンの方はうれしいところだと思います。

そして本作ならではのおもしろみとしては、「死ぬな、殺すな」のD機関の教えを覆す、D機関としては異端のスパイといえる主人公・嘉藤でしょう。今まで描いてこなかったスパイ像です。ぜひ今までの過去シリーズとの違い、そして映画との違いを楽しんでください。

ジョーカー・ゲーム (ビッグコミックススペシャル)はこんな本です

ツイートする