王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)

  • 171人登録
  • 4.12評価
    • (15)
    • (18)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 小学館 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091868893

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったので、続きも購入。
    いやぁ、熱い。丹羽さんとも仲良くなれてよかった。
    笑い猫は買えなくてさぞ残念でしょう。
    丹羽さんはマックスコーヒー好きなの。

  • 坂井さんさすが。

    しかし心温まるエピソードで終わるかと思いきや・・・。

  •  前回から引き続いての、裏サイトに対する潜入捜査編である。laughingcatとの対決編といってもいいだろう。
     凄まじい内容だった。以前の、死人が出た政治関係のエピソード以上に生々しく描かれる犯罪の現場は、結果的には痛み分けの形で終わったが、あるいは是枝の命すら危うい状況にまで陥っている。
     その上、物語が解決を見たかと思えば、即座に次への引き。物語のダイナミズムがよく描かれていて、素晴らしいの一言である。

     今回も星五つで評価したい。是枝君が苦難にあって挫けず、再び立ち上がる様にはただただ感動させられた。もしかすると、シリーズで屈指のエピソードだったかもしれない。

  • TWOLANDってIngressのことだよな…

    やっぱり未来来てるな

  • 醜悪なるブラックマーケット運営者を掴め!

  • 凄腕クラッカーが位置情報使ったオンラインゲームのログ辿られて居場所突き止められるってどうなの?と展開に疑問も挟みつつもまあ面白かった。ラストでびっくりしたので次巻に期待。まあでもこんな展開になることは予測できるけどもう!?って感じだ。

  • 「Rot」というマルウェアにまつわる事件。
    この巻でいよいよ、ひとつの結末を迎える。

    ギリギリする緊張感。
    静かな脅威。
    絶望と侵食。

    デジタルなスリリングな駆け引きや仕掛け。
    アナログな繋がり。

    デジタルな話とアナログな展開のバランスが今回も面白い!

    欲望。
    情。
    理想。

    これらが渦巻いていて、物語としての厚みがある。
    ひとつの話が終わり、その繋がりを断ち切らないまま自然に次の話に移行するところも素晴らしく好み。

    要するにちょっと頁をめくり始めたが最後、時間を忘れて没頭し読破するくらい楽しいってこと。

  • 透明人間の存在証明がどちら側に傾くか、という是枝君と猫の話と、エンジェル坂井さんの葛藤。今までより事件ものっぽい巻で、切り込み方も深くなってた巻。

  • 是枝捜索と是枝の葛藤が同時に進行していく展開はけっこう感動した。あと、犯罪者が普段は普通に家族生活を送っているのっていつ見ても嫌な気分になる。

全9件中 1 - 9件を表示

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)の作品紹介

激アツ展開、新時代のサイバー冒険譚!

醜悪な人身売買を行う闇サイトの運営者を追う、
是枝と警視庁サイバー犯罪対策課。
だが捜査中に是枝は拉致され、監禁先で拷問されてしまう。
是枝を救出するため、“IT業界ならではの奇策”を坂井が…!?


【編集担当からのおすすめ情報】
是枝が「仲間」という存在に支えられ、
自分の在り処を知っていく過程。
今巻は熱くたぎれるシーンが満載です!!

王様達のヴァイキング 7 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする