最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)

  • 176人登録
  • 3.55評価
    • (11)
    • (15)
    • (38)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 福本伸行
  • 小学館 (2005年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091870469

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 朝の贈り物は最強

  • 中学生たちに決闘を挑み、偶然倒したはいいが、その後ヤツらとはケタ違いに強い中学生、仲根と戦う事となった黒沢。
    身長190cm以上でいかにもケンカ慣れした仲根。
    体型的にも体力的にも不利。
    しかし、そこでも黒沢は命を投げ打った戦い方をし、その戦い方に感動した仲根は黒沢を「兄さん」と慕い、ある依頼をもちかける。

    何か、だんだん違う方向にいってるゾ~この話。
    最初あんだけ切ない話だったのに、だんだん現実離れしてギャグ化していってる。
    しかし、それも黒沢のキャラクターあってのもの。

    仲根は中学生と言えども、かなりな大物感を漂わせている。
    中学生で早から会員制のバーに出入りし、そこの支払い30万程度をポンッと出す。
    何もん?コイツ!
    と思うような存在感。
    むしろ、これがこの人のマンガの主人公っぽいような・・・。

    でもその大物感のある仲根が黒沢に一目置く。
    それは黒沢が損得抜きで行動できるから。
    気もちひとつで行動できる。
    突っ込める。
    そこがすごいと仲根は言う。
    「尊敬している」
    と言う。
    中学生でそこまでの人物評が出来るとはやはりタダモンじゃない。コイツ。

    でも黒沢にとっては、仲根の方がよっぽどすごいし、恵まれている。
    そんな自分を尊敬しているだとか、何を言ってるんだ!という話になる。
    しかし、仲根の男気にふれて、黒沢は「武士になる!」と決意する。

    仲根の頼みを無視して、このままただ生きる。
    オメオメと。ダラダラと。
    こんなに自分を買ってくれる人はもうこれから先現れないだろうに!
    そう思い決心する黒沢に共感した。
    損得抜きでバカになれるって、すごい事だと思う。

  • あの凶器じゃ相手も引くわな。

  • うんこいっぱいあるな~w

    福本マンガには珍しい女の子いっぱいの
    展開もナイス。

  • 書名 [最強伝説 黒沢]?〜?巻(完)
    著者 [福本伸行]
    出版社 [小学館]
    定価 [530円]

    コメント・・・
    頭もよくない、学歴もない独身の土木作業員、黒沢が主人公。44歳の誕生日に自分の人生に疑問を感じて生き方を変えようと決意するところから物語が展開。さまざまな修羅場を乗り越えながら、人望を集め、必死に生きていく中年のオヤジの姿を描いた秀作。

    「カイジ」で有名な著者の、BCオリジナルで並行して連載してた作品。
    いわゆる世間では、「底辺な男」の悪戦苦闘が笑え、かつ泣けます。

  • 人間凶器と化す黒沢。
    最強だぞ黒澤。
    混ぜてやる!お前のと!

  • ダメおやじ伝説。ギャグかぁ?とも思える。出口のない自問自答に悩む黒沢を堪能できます。

  • 2005年7月 初版発行

    第42話楽園。。
    第43話小部屋。。
    第44話宴のあと。。
    第45話相談。。
    第46話酔い侍。。
    第47話決意。。
    第48話決死。。
    第49話人間凶器。。
    -------黒沢が警察のご厄介になるところまで載っています。
    「つまり・・・困る事に慣れて・・・もうたいして困ってないって境地だ・・・!」泣きながら笑うことをしないでいいのが嬉しいです(><)!!ギャグ漫画として楽しめると思います。面白いです〜vv

全10件中 1 - 10件を表示

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)のKindle版

ツイートする